専業主婦・主婦がカードローンで借入するときの審査ポイント

専業主婦の審査基準について

主婦でも専業主婦でも審査基準を満たしていればカードローン審査に通ります。

審査でもっとも重要なのは「返済能力がある」と判断されることです。

返済能力を判断をするための審査基準は、専業主婦なら配偶者の年収と信用情報・利用者の信用情報で、パートアルバイト主婦なら利用者の年収と信用情報です。

信用情報とは

信用情報とは、内閣総理大臣より指定された情報機関(指定信用情報機関)によって管理されている個人信用情報のことです。

名前・住所・生年月日・勤務先などが「個人情報」で、クレジットカードなどの契約履歴・利用状況から、カードローンなどの借入状況や返済日、割賦購入履歴にいたるまでのローンに関する金融関連情報が「信用情報」です。

信用情報機関

  • JICC(日本信用情報機関)
  • CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)
  • KSC(全国銀行個人情報センター)
  • 専業主婦の審査項目と審査落ちの理由は?

    審査での重要項目

    申込みの際はweb上で下記の情報を入力します。

    個人情報・ローン情報

    希望利用限度額 名前 住所
    生年月日 性別 保険種別
    居住形態・年数 世帯年収 子供の人数
    他社での借り入れ状況 固定電話番号 携帯番号

    勤務先情報

    勤務先名称 勤務先住所 勤務先電話番号
    勤務形態 勤続年数 業種
    税込年収

    ※勤務先情報は専業主婦は記入しません。また、配偶者の勤務先情報の必要もありません。

    名前・住所・生年月日・電話番号などの個人情報で本人確認をおこない、家賃または住宅ローン・借入件数・年収などで返済能力を判断しています。

    専業主婦や主婦のカードローンの審査落ちの理由

    申込みの際に虚偽申告をした

    カードローン申込みの際は様々な個人情報を記入します。個人情報だけではなく勤務先情報や年収、他社での借入額や件数、住宅ローンなども記入します。

    一方、審査をする保証会社(※)は指定信用情報機関の情報をもとに審査をおこなうので、申込者の正確な情報を把握しています。そこで虚偽申告をしてしまうと、「信用性がない」と判断されて審査落ちしてしまいます。

    ※保証会社=どの金融機関も保証会社をもっており、その保証会社が審査や連帯保証人などの役割を担っている。

    1ヶ月に3社以上申し込んだ

    指定信用情報機関の保有する信用情報には、「どの保証会社が審査で情報開示したか」記録されています。その開示記録は、審査の際に保証会社にも確認できるので、申込者が何件の審査を受けたか分かってしまうのです。

    また、審査のために保証会社が信用情報を利用した日付も記録されているので、短期間に何社も申し込んでいると「信頼度」に欠けて審査落ちします。一般的には1ヶ月に3社以上申し込みをすると、「申込ブラック」となり審査に落ちると言われています。

    過去5年間にローン返済やクレジットカードの支払いなどの滞納をした

    返済金額延滞の記録は5年間残されます。過去5年間に延滞をしていると「返済能力なし」と判断され審査落ちします。

    返済状況が記録されるのは、カードローンだけではありません。クレジットカード・携帯電話や電化製品などの分割購入なども記録されています。したがって、申込者の現在の返済能力は審査で手に取るように分かってしまいます。

    クレジットヒストリー(クレヒス)がない

    借入などのローンはもちろん、クレジットカードや割賦購入の経験が1度もない場合は「返済能力が判断できない」として審査落ちする可能性が高いです。

    クレジットカードを作る、割賦購入でショッピングをするなどして「あなたの信用情報の歴史」、クレジットヒストリーを作りましょう。

    在籍確認が取れない

    審査の際は、専業主婦なら自宅へ、パートアルバイト主婦なら職場へ在籍確認が入ります。担当者が電話をかけてきますが、その際に在籍確認が取れないと「信用性に欠ける」として審査落ちします。

    在籍確認の電話には本人が出れなくても問題はありません。そこに、あなたが勤めていると確認できれば大丈夫です。

    旦那がブラック

    これは、配偶者の年収や情報も重要視される専業主婦に関わる話ですが、旦那が過去5年以内に金融事故を起こしてブラックになっている場合は審査に通りません。

    専業主婦の場合返済能力を担うのは、配偶者である旦那様になります。その旦那様がブラックでは「返済能力なし」と判断され審査落ちになります。

    専業主婦のカードローン審査で必要な書類

    専業主婦のカードローン審査

    カードローンの審査で必要になる書類は状況によって変わります。必ず用意するものは「本人確認書類」です。

    本人確認書類とは、「運転免許証・パスポート・健康保険証」などの氏名・住所・生年月日が記載されているものになります。また、外国人の方は永住許可を受けていることが確認できる、在留カードや特別永住者証明書を提出する必要があります。

    状況によって必要になる書類は「収入証明書」です。

    利用限度額によって、収入証明書を本人確認書類と同時に提出する必要があります。収入証明書が必要になる金額はカードローン会社によってことなりますが、一般的に利用限度額が100万円〜300万円を超える場合に収入証明書を提出します。

    収入証明書とは、「給与明細・源泉徴収票・所得証明書・納税通知書」など所得を証明できるものになります。

    また、銀行カードローンでは、申込みにあたってその銀行の口座を持っていることが条件になっている場合がほとんどです。

    口座開設には、webからそのまま口座開設ができる銀行カードローンと、口座開設要の書類が送られてきて、返送する銀行カードローンがあります。

    収入証明書不要で主婦が借入できるカードローン

    主婦はカードローン契約時に収入証明書は必要ありません。その理由は、専業主婦もパートアルバイト主婦も、収入証明書が必要な利用限度額にならないからです。詳しくは「専業主婦は収入証明者不要で借入できる?利用限度額と収入証明書」のページをご覧ください。

    専業主婦は配偶者の年収で返済能力が判断されますが、配偶者の年収によって借入限度額は判断されません。銀行カードローンでは専業主婦の利用限度額を30万円~50万円に設定しています。したがって、収入証明書不要で借り入れができます。

    また、専業主婦は総量規制(※)の対象となる消費者金融では借入できません

    ※総量規制=利用限度額を年収の3分の1までとすると定められた法律

    パートアルバイト主婦は自身の年収によって利用限度額が判断されますが、一般的には年収の約半分までしか貸付はおこなわないといわれています。自身の年収の半分が100万円〜300万円を超さない限りは収入証明書不要で借入可能です。

    また、パートアルバイト主婦は消費者金融でも借入できますが、消費者金融の場合は利用限度額が50万円を超える場合か、他社での借入も合算して100万円を超える場合に収入証明書を提出します。初回契約時では50万円を超える貸付はおこなわないと言われているので収入証明書不要で借入できるでしょう。

    ※消費者金融は総量規制の対象になるので年収の3分の1を超える借入はできません

    配偶者の収入証明書と同意書を提出すれば専業主婦でも消費者金融で借入できる?

    消費者金融の特例の貸付で「配偶者貸付」というものがあります。ですが、提出書類も確認事項も多いため貸金業者側にとっても申込者にとってもメリットの少ない制度になっています。

    そのため、大手消費者金融会社では配偶者貸付を取り扱っていません。専業主婦の借り入れは、銀行カードローンを利用しましょう。

    専業主婦でも借りられる!安心のカードローン・キャッシング」のページでは、専業主婦でも借り入れが可能なカードローンを紹介していますので合わせてご覧ください。

    カードローンの審査時間はどのくらいかかる?

    審査には仮審査と本審査の2つがありますが、審査で時間がかかるのは申込をした後におこなわれる「仮審査」です。申し込み時に入力された情報と、指定信用機関から開示した申込者の個人信用情報をもとに、「信頼性・返済能力」などをしっかりと判断します。

    最近では、審査回答最短10分〜即日回答と審査時間もスピーディーなカードローンが増えました。

    審査回答時間一覧

    新生銀行カードローン レイク そのまま画面上で回答確認
    セブン銀行カードローン 最短10分
    東京三菱UFJバンクイック 最短30分
    静岡銀行カードローン 最短30分
    りそな銀行カードローン 最短2時間
    東京スター銀行カードローン 最短即日
    イオン銀行カードローン 最短即日
    楽天銀行カードローン 当日〜3日

    ※りそな銀行カードローンは専業主婦への貸付はおこなっていません。

    銀行カードローンの中には土日祝日は審査をおこなっていない場合があります。その場合は審査が翌営業日からになります。審査を申し込みした時間や土日祝日も関係してきますので、審査時間に関しては「審査時間はどのくらい?銀行カードローン別の審査時間」のページで詳しく紹介しています。

    パートアルバイト主婦のカードローン審査においての注意点は?

    専業主婦と違って、パート・アルバイトをされている主婦の方がカードローンを申し込む場合には、勤務先の情報を入力します。

    その際の注意点が「勤続年数」です。

    あくまで目安になりますが、銀行カードローンなら「勤続年数1年〜3年」消費者金融なら「勤続年数2ヶ月以上」必要になります。

    ※勤続年数が基準にわずかに足りないからといって、長く見積もると虚偽申告になるので注意!

    主婦がカードローンを申し込む際の注意点はもう1つあります。

    それは「職場への在籍確認」です。

    職場への在籍確認は仮審査で必ずあります。他の審査内容が問題なくても、在籍確認がとれないと審査はクリアできません。カードローンの申し込みは、職場への在籍確認の電話に必ず誰かが対応できる日にしましょう。

    本人が電話に出れなくても職場の誰かが出て、「申込者は今席を外している」や「今日はお休み」などの言葉が聞ければ在籍確認が取れたことになります。在籍確認では、申込者が記入した勤務先に実際に勤めていることが判断できれば問題ありません。

    ※専業主婦は自宅への在籍確認が必ずあります。

    カードローン審査には仮審査と本審査がある

    カードローンの審査は「仮審査」とよばれるものと「本審査」とよばれる2つの審査があります。

    1. カードローン申し込み
    2. 仮審査
    3. 在籍確認(仮審査中)
    4. 必要確認書類提出
    5. 本審査
    6. 契約

    仮審査では個人信用情報をもとに、申込者の返済能力や信用性をじっくり審査していきます。仮審査の間に在籍確認もあります。在籍確認がスムーズにおこなわれないとさらに審査回答までに時間がかかります。

    本審査では提出された必要書類をもとに、確認やチェックをおこないます。ここで提出書類に不備があったり、入力住所と提出書類の住所が違うなどの問題がみられた場合に確認書類の再提出となりますが、提出ができない等の不備が生じれば審査に落ちることがあります。

    仮審査が通っていれば本審査で落ちることはほとんどありません。「「仮審査」と「本審査」の違いってなに?審査の注意点」のページも合わせてご覧ください。

    ページの先頭へ