収入証明書不要と利用限度額について

専業主婦が、カードローン会社を利用する際、収入証明書は必要ありません。

ただし、パート・アルバイトにより収入のある主婦の方は、利用限度額によって、収入証明書類が必要になる場合があります。申込をおこなう前に把握しておくと良いでしょう。

また、収入証明書不要で借入するなら銀行カードローンがおすすめです。銀行カードローンは、収入証明書が必要になる金額が100万円~300万円となるので、高額な融資を受ける場合以外であれば、収入証明書なしで融資が受けられます。

専業主婦でお金を借りる時に必要な書類

収入のない専業主婦の方でも、総量規制対象外の銀行カードローンなら、ご主人の収入証明書不要で融資が受けられます。

反対に、総量規制の対象となる消費者金融業者では借入ができません。

総量規制は、貸金業者の貸付が年収の3分の1までと定められている法律です。なぜ、総量規制の対象外なら専業主婦でも借入ができるのか、疑問に思った方は「専業主婦に重要な総量規制とは?年収の3分の1以上は借りられるの?」のページを参考にしてみてください。

専業主婦が、銀行カードローンで借入をする際は、必ず本人確認書類が必要になりますが、その他の書類は必要ありません。
 

本人確認書類(運転免許書・保険証・パスポート)

※本人確認書類に記載されている住所と、現住所が異なる場合は、発行より6ヶ月以内の公共料金領収書、住民票、印鑑証明書、などのいずれか一点の書類も合わせて提出しましょう。

 
カードローンの契約の際に、必要書類は以上です。「え?それだけ?」と思いますよね。専業主婦の方でも、運転免許証などの身分証明書のみで融資が受けられます。

配偶者の同意書、確認の連絡なども不要で、免許証のみで借入が可能なので、旦那さんに内緒で利用できます。

ポイントOL

ただし、配偶者に安定した収入があるのが条件になります。配偶者の方に収入があれば、専業主婦の方でも身分証明書のみで簡単に融資が受けられます。

専業主婦はなぜ収入証明書が必要ないの?

カードローン会社により異なりますが、一般的に利用限度額が100万〜300万を超える場合のみ、源泉徴収票・所得証明書・住民税決定通知書・納税通知書・給与明細などの収入証明書が必要になります。
 
専業主婦の場合、ほとんどの銀行カードローンで、利用限度額が10万円~50万円までとなるので、収入証明書類は必要ありません。

専業主婦の借入限度額

三菱東京UFJ銀行バンクイック 借入限度額30万まで
楽天銀行スーパーローン 借入限度額50万まで
みずほ銀行カードローン 借入限度額30万まで
じぶん銀行カードローン 借入限度額30万まで
新生銀行レイク 借入限度額50万円(※)
三井住友銀行カードローン 審査により判断される
横浜銀行カードローン 審査により判断される

(※)審査により、50万円以上の借入ができる場合もあります。

専業主婦は、借入限度額が50万円までとなるケースがほとんどです。中には、借入限度額を定めていないカードローン会社もありますが、専業主婦には収入証明書が必要になるほどの金額を貸すことはありません。

したがって、専業主婦の場合は収入証明書不要で銀行カードローンが利用できると言えるでしょう。

パート・アルバイト主婦でお金を借入する際に必要な書類

パート・アルバイトにより収入のある主婦の方は、身分証明書と合わせて収入証明書が必要になる場合があります。

借入先の金融機関によっても異なるので、事前に把握しておくと良いでしょう。

銀行カードローン

  • 借入限度額が100万円~300万円を超える場合

消費者金融業者

  • 借入限度額が50万円を超える場合
  • 他社からの借入額と借入希望額が100万円を超える場合

上記の場合、収入証明書類が必要になります。

銀行カードローン別収入証明書が必要な限度額一覧

みずほ銀行カードローン 200万円を超える場合
新生銀行カードローンレイク 100万円を超える場合
三菱東京UFJ銀行カードローン 100万円を超える場合
りそな銀行プレミアムカードローン 300万円を超える場合
りそな銀行クイックカードローン 収入証明書不要
イオン銀行カードローン 300万円を超える場合
楽天銀行カードローン 300万円を超える場合
東京スター銀行カードローン 300万円を超える場合
静岡銀行カードローン 300万円を超える場合
セブン銀行カードローン 収入証明書不要

高額な融資を受ける場合のみ、収入証明書が必要になる銀行カードローンなら、用意するのが面倒な収入証明書不要で、借入ができるのでおすすめです。

収入証明書を提出していないのになぜお金が借入できるのか?

証明するものがないのにどうやってお金を貸すか決めているのでしょう?

もし「お金を貸してほしい」と言われた相手に、きちんと返済してもらえる保証も証拠もなかったら不安で貸せませんよね。数万円でもためらいます。
しかし、金融機関は収入を証明するものを提示しなくても融資が受けられます。

その裏には、しっかりとした「審査」と「情報網」があるからです。

専業主婦の場合、収入証明書が不要な分、借りられる金額は「利用限度額」として制限されています。返済能力に関しては、申込み者の個人情報からローンに関しての信用情報などが、こと細やかに記されている指定信用情報機関(※)の個人信用情報をもとに、しっかりと審査で見極めた上で判断がされます。その結果、収入証明書なしでも、いわば信頼関係のもとでお金を貸してくれるということです。

※ 指定信用情報機関…内閣総理大臣より指定された、個人信用情報を管理・提供する機関。

収入証明書不要のメリットは?

カードローンなどで「⚫︎⚫︎⚫︎万円まで収入証明書の提出不要!!」って言うのを売りにして募集しているところが結構有りますが、なぜそれがメリットなのでしょうか?

収入証明書を必要としないメリットは、やはり手間がいらないことです。

この方にとっては、手間にならないかもしれませんが、いざ「この収入証明書を揃えてください」「何ヶ月以内のものにしてください」と言われると、やはり書類を提出するか否かでは、「書類提出をしないで済む」ほうが良いというかたが、ほとんどではないでしょうか?

また、緊急でお金を借りたい方や、誰にも怪しまれずにお金を借りたい方にとっては、収入証明書が不要で運転免許書のみで手続きが済むのは大きなメリットになります。

「わざわざ収入証明書不要って言うのは、やはり収入を水増しをして書かれているのを黙認してるってことでしょうか?」に関してですが答えはノーです。

カードローン申込み時に年収などの個人情報に虚偽の申告をすると、審査ですぐにバレてそのままブラックになります。「年収の水増しを黙認しますよ」といったアピールではないので、誤解しないようにしてください。