旦那が自営業での借り入れ

専業主婦の借入審査は、旦那様が自営業という理由で審査が不利になることはありません。

「配偶者が個人事業主であると、配偶者の安定した収入が認められないため、専業主婦がカードローンを申し込むには収入証明書が必要になる。」と書いてある情報サイトを目にしましたが、そんなことはありません。
旦那が個人事業主でも、専業主婦は収入証明書不要でキャッシングができます。

配偶者の情報は年収しか確認されない

専業主婦がカードローンを申し込む際には、配偶者の職業や会社名まで記入する銀行カードローンは少ないです。多くの銀行カードローンが世帯年収、または配偶者の年収までしか聞きません。つまり、旦那様が会社員か自営業かは、カードローン審査をおこなう上で判断材料に含まれていないということです。

専業主婦は収入証明書が必要になるほどの借入がおこなえない

収入証明書は、提出する必要のある金額が各金融機関ごとに定められています。収入証明書を必要とする金額は、金融機関によって異なりますが、おおよそ100万円〜300万円で設定されています。

一方、専業主婦が銀行カードローンで契約する際の利用限度額(借入限度額)の上限は30万円〜50万円と設定されています。

以上2つの理由から、専業主婦のカードローン申込みで、「収入証明書」が必要になることはありません。

ポイントOL

また、ご主人が会社員ではなくて自営業・会社経営者だからといって、審査で不利になることもありません。カードローン審査は平等におこなわれます。

パート・アルバイト主婦の場合は、旦那が個人事業主だと関係ある?

パート・アルバイト主婦の場合は、審査基準になるのは本人のみです。

旦那様が自営業であろうと、そもそもキャッシング審査とは無関係です。

また、パート・アルバイト主婦の場合は、自身に収入があるため総量規制の対象となる消費者金融会社でも借入がおこなえます。しかし、消費者金融では総量規制のもと「年収の3分の1までを利用限度額とする」と定められているので、最大でも年収の3分の1までのキャッシングしかおこなえません。

銀行カードローンにおいても、パート・アルバイト主婦の借入限度額を、専業主婦の借入限度額と同じ上限に設定しているところもあります。

以上のことに注意して、希望借入額を考えたカードローン会社を借入先に選びましょう。

自営業の旦那が借入をする場合の豆知識 <収入証明書の違い>

もし、自営業・会社経営をおこなっている配偶者が、本人名義で「収入証明書」が必要な金額を借入する場合には、会社員の人とは用意する書類に違いがあります。

※あくまでも、配偶者の本人名義での借入で、借入先金融機関が定めいる収入証明書を必要とする金額を超えている場合です。専業主婦の場合ではありません。

収入証明書には以下の5点があります

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 課税証明書
  • 確定申告書
  • 特別徴収税額通知書

会社にお勤めの方の場合は、5つのうち、どの書類を用意してもかまいません。

しかし、自営業の方は、「確定申告書」か、「課税証明書」を用意して提出しなければなりません。どちらの書類も、用意するのに手間がかかるので、借入を考えているのなら、前もって準備しておいたほうが良いでしょう。ただし、課税証明書や、確定申告書は最新分を提出しなければいけません。

また、個人事業主が、事業資金目的で借入することはできないので注意しましょう。