パートやアルバイト主婦

パート・アルバイトにより自身に収入のある主婦の方が、カードローン審査を受ける場合、専業主婦の方の場合と「異なる点・注意点」などがあります。ここでは、その違いや注意点などについてまとめたのでぜひ参考にしてください。

パート・アルバイト主婦と専業主婦の審査で違うところはなに?

その違いは、以下の2つです。

勤務先の情報の記入

WEB申込の際に、専業主婦の場合は、勤務先がないので記入する必要がありませんが、パート・アルバイト主婦の場合は、勤務先情報を記入する必要があります。

具体的には、年収・勤務先名・勤務先住所・勤務先電話番号・所属部署・勤続年数・全社従業員数・職種・業種、などの情報を記入します。そのため、カードローンの申込をおこなう前に、これら詳細な情報を把握しておくと良いです。

申込情報に「間違い・嘘」などがあると虚偽申告(嘘の申告)みなされて、審査に落ちてしまうので気をつけましょう。

ポイントOL

もし、全社従業員数などが分からない場合は、会社にわざわざ問い合わせなくても大丈夫です。インターネットで社名を検索すれば、会社情報が出てきます。

審査の際に職場への在籍確認がある

専業主婦の場合、勤め先がないので在籍確認の電話連絡は「自宅」におこなわれますが、パート・アルバイトにより収入のある主婦の場合は、「自宅・勤め先」におこなわれます。

職場への在籍確認は避けては通れないところですが、自宅への電話連絡は携帯でも問題のない場合があります。

申込み時に記入した勤務先の電話番号に、実際に利用者が在籍しているのかを確認するために、カードローン会社から電話がかかってきます。これを在籍確認といいます。

職場への在籍確認の電話内容

たとえば、みずほ銀行カードローンの場合、「みずほ銀行の○○(担当者の個人名)と申しますが、○○様はいらっしゃいますでしょうか?」という内容の電話がかかってきます。

お休みで本人が出られなかった場合でも、問題ありません。電話に出た職場の人が「本日、○○は休みをとっております。」と答えたら、それで在籍確認が完了します。本人が電話に出られなくても、その会社に勤めているという事実が確認できれば、それで在籍確認になるのです。

また、「新生銀行カードローンレイク」の場合は、レイクの名前を出して在籍確認をするとローン関係の電話だということが会社の人にバレてしまいます。そのため、レイクや、消費者金融、などの社名を出すとカードローンが連想される場合は、社名ではなく、担当者の個人名で在籍確認がおこなわれます。

オっけーOL

在籍確認の電話連絡を懸念する人が多いですが、心配はいりません。

カードローン会社は、利用者の在籍確認を避けたい気持ちを理解しているので、なるべくバレないように、おこなわれるので安心です。

パート・アルバイト主婦のカードローン審査では勤続年数が重視される

働いていて収入があれば、必ずしもカードローン審査に通過するというわけではありません。勤続年数、信用情報、雇用形態、居住形態、借入件数、借入金額、などが審査の際にみられます。その中でも、とくに注意していただきたいのが勤続年数です。

銀行カードローンと消費者金融では異なりますが、おおよその目安が下記の通りです。

  • 銀行カードローンなら 1年〜3年
  • 消費者金融なら 6ヶ月以上〜

あくまで目安になりますが、安定した収入を判断するうえでは勤続年数も重要なポイントとなります。

勤続年数が足りなければ、審査に通らない可能性がありますので十分注意してください。また、審査に通りたいからといって、勤続年数の申告に嘘があってはいけません。虚偽の申告はブラックリストの仲間入りです。

銀行カードローンは最低でも1年働かないと融資が受けられないから、消費者金融を利用しようと思う人もいると思いますが、消費者金融は審査が通過しやすくなる分、金利が高くなるデメリットがあります。

金利を甘く見てはいけません。1%違うだけでも利息額が大きくかわってくるので、勤続年数が足りない場合は、しばらく待ってから申込をおこなうか、なるべく少額で融資を受けると良いでしょう。

借入するなら、低金利で借入ができる銀行カードローンの利用がおすすめです。「主婦・専業主婦が借入するなら低金利の銀行カードローンがおすすめ」のページも合わせてご覧ください。