個人情報開示「個人信用情報」を開示してみることで、審査に落ちた原因や、審査に不利になる情報がないか、などが調べられます。審査に落ちたけれども、その原因が分からない方が個人信用情報を開示してみると、なんらかのヒントが得られるかもしれません。

ポイントOL

これから、カードローンや住宅ローン、クレジットカードなどを申し込む方、またはこれらの審査に落ちてしまった方は、個人情報を開示してみると良いでしょう。

信用情報の開示とは?

信用情報の開示とは、過去のローン履歴に問題がないかを調べることです。ローン利用者の個人情報は、共通の信用機関により、すべて管理されています。

金融機関は、与信業務(審査)の際に、金融庁や、内閣総理大臣より指定された「指定信用情報機関」の管理する個人情報を利用することが法律(貸金業法)で定められています。

指定信用情報機関とは?

指定信用情報機関とは、個人情報を管理する機関です。信用情報を管理する機関は、3つあります。

※KSCは指定信用情報機関ではありません。

すべてのローン履歴を網羅したい場合は、上記3つの機関の信用情報を開示してみる必要がありますが、カードローンや、クレジットカードの利用履歴をみたい場合は、「JICC」「CIC」のいずれかで調べられます。

カードローン会社により、「JICC・CIC」の両方の信用機関を利用しているところもあれば、いずれかのみしか利用していない場合もあります。そのため、確実な情報が知りたいのであれば、両方の信用機関を開示してみると良いでしょう。

個人信用情報はどうやって開示するの?

個人信用情報を開示する方法は、それぞれの信用機関により異なります。

JICCで個人情報を開示する場合

JICCの場合は開示請求の方法は3つあります。

  • 郵送で開示請求
  • スマホから開示請求
  • 窓口へ行って開示請求

JICCの窓口は、大阪か東京に1つずつしかありません。

JICCに申し込む際の注意点と手数料

注意点

実際に、私はスマホから開示請求を試したのですが、カメラアプリがうまく起動しなかったため、郵送での開示申込をおこないました。ちなみに、JICCのスマホからの開示は、カメラアプリがうまく起動しない不具合が多発しているようです。

手数料

「窓口申込」の場合は、手数料が500円かかります。「郵送・スマホ」から申込の場合は、手数料が1,000円になりますが、支払いの際に利用するクレジットカード会社が指定されているので、その点だけ注意しましょう。

CICで個人情報を開示する場合

CICの場合は、開示請求の方法が5つあります。

  • パソコンから開示請求
  • スマホから開示請求
  • ガラケーから開示請求
  • 郵送で開示請求
  • 窓口で開示請求

CICの窓口は、全国に7カ所あります。

CICに申込む際の注意点と手数料

注意点

CICをネットで開示する場合は、受付番号というものを取得してからの申込みになります。その受付番号は、クレジットカードを契約した際に登録した電話番号が分らないと少しややこしいです。郵送での開示であれば、1週間ほどで開示書が送られてきたので、個人的にはおすすめです。

手数料

窓口で開示請求する場合は、手数料500円を持っていけばそのまま支払えますが、郵送の場合は手数料1,000円をゆうちょ銀行の定額小為替証書を用意して同封しなければなりません。また、パソコン・スマホ・ガラケーからの場合は、手数料1,000円を指定されたクレジットカードで支払います。

KSCで個人情報を開示する場合

KSCの開示請求方法は、1つです。

  • 郵送で開示請求(後日、開示書送付される)
KSCの手数料と注意点

注意点

KSCは、住宅ローンや、教育ローン、マイカーローン、などの過去の返済履歴がみられます。これらの利用がない方は、とくに開示してみなくても良いでしょう。

手数料

手数料は1,000円でゆうちょ銀行発行の定額小為替証書を用意して同封します。

実際にJICCを開示してみました|開示書の確認方法と解説

JICCの開示の確認方法

JICCの開示書類は、下記の3種類が送られてきます。

JICCから届く開示書類一覧

照会記録開示書
審査のために、どこの会社がいつ自分の情報を開示したかがわかる。

信用情報記録開示書(ファイルD)
借入の契約情報を主に載せている。

信用情報記録開示書(ファイルM)
クレジットの契約情報を主に載せている。

ここからは、実際にJICCを開示してみた経験をもとに、確認方法を解説していきます。

照会記録開示書

まず「照会記録開示書」ですが、自分の情報が開示された記録は6ヶ月間残されます。6ヶ月の間にカードローンやクレジットカードなどの契約や申込みをしていない場合は記載はありません。

もし、6ヶ月以内にローンカードやクレジットカードの申込みなどをして審査を受けた場合、ここにその情報が記載されます。(JICCに加盟している会社のみ)

信用情報記録開示書(ファイルD)

syo

借入関係の信用情報記録開示書になります。まず、注目していただきたいのが①の情報区分です。ここを見ただけでもどういった契約内容の借入をおこなっていて、現在利用中なのか、完済して契約中なのか、解約済みなのか、などが分かるほど細かく分類されています。

たとえば、開示書見本で見てみると、この方は現在、契約中の借入が3件あって、解約したローンが1件あります。そのうち、契約中の3件の内、2件が総量規制の対象となっている借入で、もう1件は完済はしているが解約はしていない状態だということが分ります。

完済はしているが、解約していないローンは見本の4番目に記載されます。そこを見ると、契約したのは平成16年の6月14日で、利用限度額が50万のローンを組んでいます。その後、10月2日に4万円をキャッシングして、このローンを解約したのが11月10日になります。

カードローンや、クレジットカードの利用履歴は、最大5年経過すると信用情報から消えるのですが、完済していなかったり、解約していなかったり、すると情報は残り続けます。

住宅ローンや、マイカーローン、などの高額な融資を受ける場合、カードローンの経歴があると、審査の際に不利になることがあるので、使用しなくなったカードは解約したほうが良いでしょう。

信用情報記録開示書(ファイルM)

ciss

最後は「クレジット関係の信用情報記録開示書」です。クレジット関係(ファイルM)の信用情報記録開示書の確認方法は以下の通りです。

こちらは、クレジットカード会社や、通販、などの信販会社の信用情報記録になります。携帯電話を分割で購入していると、その情報も記載されます。

携帯電話の割賦代金の場合は、「完済済・未完」で分けて記載されています。

こちらOL

このように、個人情報を開示すると、解約し忘れていたカードローンや、過去の利用履歴が確認できます。とくに、カードローンの解約をし忘れていて、情報が残っていたという落とし穴はよくあるので開示書は役立ちます。

個人信用情報に記されている情報はどのくらい残る?

指定信用情報機関が管理している個人信用情報は、内容により残される期間が異なります。

滞納・滞納に関する情報

契約継続中または完済日から5年を超えない期間

債務整理に関する情報

JICC 発生日から5年を超えない期間
CIC 発生日から7年を超えない期間
KSC 発生日から10年を超えない期間

申込ブラックに関する情報(複数業者の同時申し込み)

JICC 申込日から6ヶ月を超えない期間
CIC 申込日から6ヶ月を超えない期間
KSC 申込日から6ヶ月を超えない期間

申込ブラックとは、複数の金融業者に同時に申込をおこなうことを言います。1ヶ月間に3社以上の金融機関に申込をおこなうと、申込ブラックになる可能性が高くなります。

これらの不利な情報が残っている期間中は、あらゆるローン審査に通過しづらくなります。情報が消えるまでは、審査を受けるのを控えましょう。

個人信用情報開示に関するQ&A

ひとつの信用情報機関の情報を開示すればすべてのローン情報がわかる?
ひとつの信用情報を開示すれば、すべてのローン情報が分るわけではありません。

カードローン会社は、3つの信用情報機関のうち、どれかの信用情報機関に加盟しています。3つ全てに加盟している銀行カードローン会社もあるかもしれませんし、どれか1つだけに加盟している消費者金融会社もあるかもしれません。

たとえば、契約しているカードローン会社が3つあり、そのうちのひとつがCICにしか加盟していなかったとします。JICCのみで情報を開示した場合、CICにしか加盟していないカードローン会社のローン情報は記載されていない開示書が送られてきます。1つの信用情報機関に開示したからといって、それがすべての信用情報とは限らないので覚えておいてください。

個人信用情報は本人以外でも開示できる?
本人以外の開示はおこなえません。

個人信用情報は必ず申込み者本人の情報しか開示できません。本人が亡くなっている場合のみ、配偶者または2親等以内の血族であれば必要な書類(※)を揃えたうえで個人信用情報の開示ができます。

※必要な書類:手続きをする人の本人確認書類・親族であることを証明する戸籍謄本・本人が亡くなったことが分かる戸籍謄本

ただし、JICCのみ任意代理人が開示請求をおこなうことができます。その場合、JICCのホームページから委任状を印刷して、本人に委任状を記入してもらいます。また、新星の際に、本人の印鑑証明も必要になります。このように、JICCのみ第三者でも開示請求はおこなえますが、開示書は本人に届きます。

個人情報を開示したという情報は記録される?
個人情報を開示した記録は残りません。

カードローン会社が、個人情報を開示した場合は、どこのカードローン会社がいつ開示したかが記録されますが、個人が開示した記録は残りません。

個人情報を開示して審査落ちを防ぎましょう

住宅ローンや、自動車ローン、などを組む前に信用情報の開示をすれば、解約できるローンは解約したりキャッシング枠のついたクレジットカードを減らしたり、するなどの対策が取れます。

また、開示書を見て信用情報に間違いがあれば、訂正の手続きもとれます。カードローンの審査だけでなく、クレジットカードや、商品を分割で購入する際、など様々な場面で信用情報が重要になります。開示をおこなって、これらの審査落ちを防ぎましょう。