カードローンの保証人や担保について

専業主婦がカードローンを申し込む際に保証人や担保は必要?
専業主婦の方がカードローンを申し込む場合、保証人や担保は必要ありません。

専業主婦の方がカードローンを申し込む場合、保証人である配偶者や、担保である住宅に取り立てがくるのではないかと不安に思う方が多いそうです。

しかし、実際には銀行カードローンや、消費者金融会社でお金を借りる際、保証人や担保は必要ないので、取立てが配偶者や、家族にまで及ぶことはありません。

「お金を借りているのに本当に保証人も担保も必要ないの?」
「私は専業主婦だから収入がないのになぜ保証人は必要ないの?」
「保証人も担保も必要ないのはありがたいけど、なんか後が怖い…」

このような主婦の方の疑問と不安をスッキリ解消してきましょう。

専業主婦がカードローン申込みの際に保証人・担保が必要ないのはなぜか?

保証会社の保証を受けてカードローンを利用している

カードローン契約者は、保証人・担保を持たない代わりとして、金融機関の指定する保証会社の保証を受けることで、契約を結びます。

カードローンを契約するにあたって、すべての金融機関が保証人・担保を不要としています。また、カードローン会社は必ず保証会社を持って運営をおこなっています。

そこで、カードローンの商品概要の利用資格欄を見ると、「当社指定の保証会社の保証が受けられる」という条件が表記されています。つまり、カードローンを申し込むということは、「保証人・担保の代わりに保証会社の保証を受けます」と、同意していることになります。

このように保証会社があるので、自身に収入がない専業主婦でも、保証人を立てずに融資が受けられるのです。

保証会社に保証料を支払っている

銀行カードローンや、消費者金融業者は、貸付にあたって、カードローン利用者から保証人・担保をとらない代わりに、債務者から「保証料」というものを受け取る場合があります。

この保証料は、利用者がキャッシングをして毎月返済していくときに一緒に支払う「利息」の中に含まれています。このように保証会社は、保証料を金融機関から受取っているので、保証人を立てる必要がないのです。

また、保証会社に支払う保証料に関しては、各カードローン会社が表記している金利(実質年率)の中に含まれています。

消費者金融会社は、必ず「保証料」も含まれた「実質年率」と呼ばれる年率で表記することが義務づけられていますが、銀行カードローンの場合は、保証料が含まれていない「金利」と呼ばれる年率で表記しているところが多いです。

しかし、金利の他に別途手数料や保証料を支払う訳ではありません。銀行カードローンは、保証料や手数料を銀行が負担するため、無料としているところが多いのです。

保証会社がおこなう保証業務とは?

たとえば、債務者の返済が滞った場合、保証会社が金融機関に代位弁済(代わりに返済すること)をします。まさに、連帯保証人(連帯債務者)です。

しかし、ここで注意する点は、債務者に対しての「返済の義務」は変わらず残っているということです。

ポイントOL

返済する相手会社が、カードローン会社から保証会社に変わっただけで、もう返済しなくてもいいという訳ではありません。

保証人・担保が必要になるケース

住宅ローン

住宅ローンは、不動産の購入となるため、金額が1,000万を超える高額融資になります。したがって、保証人を立てる必要があります。最近では、保証人を立てるよりも、返済が確かな保証会社を立てるケースが多いようです。

マイカーローン

無担保のローン会社もありますが、マイカーローンは、購入した車を担保にとるのが一般的です。契約者が未成年である場合や、契約者の返済能力に不安がある場合、などは保証人を必要とする場合もあります。

保証人・担保なしの借金が払えなくなったらどうなる?

カードローンやクレジットカード(保証人・担保なし)の借金が払えなくなったら、親や兄弟に支払いの義務があるのか?支払いの催促や取り立てなどがあるのか?

心配はいりません。契約者の家族に取立てがおよぶことはありません。

貸金業法の中の第19章に取立て行為規制法という法律があります。取立て行為規制法の中には、

  • 午後9時から午前8時までは訪問や電話などでの取立ての禁止
  • 大声をあげた乱暴な言葉を使うなど暴力的な態度の禁止
  • 大人数での訪問の禁止

など、取立てに関して様々な規制があります。

禁止事項の中には、「親族または第三者に対し、支払いの要求をすること」も含まれています。この規制を守らなければ、「業務改善命令・登録取り消し・業務停止処分」の対象になります。また、2年以下の懲役、もしくは300万以下の罰金、またはその両方がかせられます。

したがって、万が一、カードローンの返済を滞納させてしまった場合でも、契約者以外への取立はありませんし、ドラマのような怖い取立てもないので大丈夫です。

ただし、違法業者(闇金)は法律を守らないので、違法な取り立て行為があるかもしれません。お金を借入する際は、安全な銀行、または貸金業者に登録されている消費者金融業者を利用しましょう。