みずほ銀行カードローン

  1. みずほ銀行カードローンのバナー

    みずほ銀行カードローンは、「低金利」で「高額融資」が受けられるので、カードローンの中でも抜群の人気があります。最大限度額は「1,000万」と他の銀行カードローンでは見ない高額融資のほか、「専業主婦でも30万まで借入可能」と幅広い層からのキャッシングを実現させています。また、大手の銀行という安心感にプラスして「即日融資」にも対応しているなど、様々なサービスを展開しています。

    • 専業主婦
    • 即日融資
    • スマホ完結
    • 低金利
    金利 限度額 即日審査
    年3.0%~14.0% 10~1,000万円 最短即日※

    詳しくはこちらをクリック

※即日融資は、みずほ銀行口座を持っている人のみ可能
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利です。

みずほ銀行カードローンのプラン

2015年11月2日、みずほ銀行のカードローンは「エグゼクティブプラン」と「コンフォートプラン」の2つのプランに分けられました。

エグゼクティブプラン

金利 限度額
3.0%〜7.0% 200万〜1,000万

コンフォートプラン

金利 限度額
3.5%〜14.0% 10万〜1,000万

「最低利用限度額」と「金利」に違いがあります。エグゼクティブプランのほうがより低金利で利用ができます。

また、どちらのプランを利用するかは審査で自動的に決められるので、利用者が選択することはできません。

専業主婦の場合、利用限度額が30万までと決められているので必然的に「コンフォートプラン」になります。

エグゼクティブプランは、限度額200万円と高額融資になるので、審査でエグゼクティブプランになるにはそれなりの年収が必要になります。パート・アルバイト主婦の方もおそらくコンフォートプランになると思うので、ここでは主婦の方に関連する「コンフォートプラン」についてだけ説明していきます。

みずほ銀行カードローン「コンフォートプラン」基本情報

金利 融資限度額 専業主婦融資限度額
4.0%〜14.0% 1,000万円 30万円
利用対象 最低借入額 遅延損害金利率
満20〜66歳 10万円 19.9%
担保・保証人 借入方法 保証会社
不要 ・みずほATM提携ATM
・みずほダイレクト
・自動貸越
(株)オリエントコーポレーション
在籍確認 郵送物の有無 収入証明書
あり なし※ 201万円以上から必要

※金利(住宅ローンを利用している人は3.5%~13.5%)
※郵送物の有無(みずほ銀行口座を持っている人に限り郵送物なし)

みずほ銀行カードローンの特徴

みずほ銀行カードローンの特徴は、下記の4つです。

低金利

みずほ銀行カードローンは、メガバンクのカードローンの中で、もっとも金利が低いです。
仮に、A銀行のカードローンの金利が「14.6%」だったとします。みずほ銀行カードローンの金利は「14%」となるので、わずか「0.6%」しか変わりませんが、利息を計算してみると大きく差がでてきます。

たとえば、50万のキャッシングをおこなった場合、それぞれの一ヶ月分の利息額は、銀行Aは「6,000円」でみずほ銀行は「5,753円」になります。差額は「247円」になりますが、返済回数が60回だったとしたら「14,820円」の差がでます。「247円なら、まぁいいか」と思えても「14,820円」も変わってくるとなると、低金利で借入ができるほうがいいですよね。

ポイントOL

少しでも金利を抑えて借り入れをしたいのであれば、みずほ銀行カードローンを利用すると良いでしょう。

手持ちのキャッシュカード即日融資が可能

みずほ銀行カードローンの利用には、みずほ銀行の口座を持っている、または、口座を開設することが条件になります。

既にみずほ銀行の口座を持っている方は、「手持ちのキャッシュカードがそのままローンカードとしても使える」という利便性があります。

そのおかげで「即日融資」と「郵送物なし」の特典が実現しています。手持ちのキャッシュカードをローンカードとして使用できると、カードの発行をしなくてもいいので、契約完了後、そのままキャッシングが始められるので「即日融資」が可能になります。

また、カードを発行する必要がないということは、ネックだと言われているローンカードの発送がなくなります。もともと口座がある場合には、口座開設のための書類も必要ないので、一切郵送物が自宅に届きません。口座を持っていれば、郵送物なしで借入できるのもみずほ銀行の魅力です。

Web完結申込

口座をすでに持っている人であれば、パソコンやスマホのwebのみで「申込み」「本人確認書類の確認」などがすべて完結します。

自宅や、職場から1歩も出ずに、カードローンの契約が完了するので「忙しくてカードローンを作る時間がない…」「うちはまだ小さい子どもがいるから自動契約機には、とてもではないけれど行けない…」と、いう主婦の方にもこれは便利ではないでしょうか。

WEBのみで契約が完了するのも、みずほ銀行カードローンの特徴です。

ATM手数料無料

みずほ銀行カードローンは、「みずほATM」の時間外手数料が24時間無料です。また、みずほ銀行宛の振込手数料も24時間無料で、提携コンビニATMの時間外手数料や、振込手数料も、月に4回まで無料になります。利息以外の手数料がかからない点も、みずほ銀行カードローンのメリットと言えるでしょう。

みずほ銀行カードローン(コンフォートプラン)

みずほ銀行カードローン

  • 低金利
  • 手持ちのキャッシュカード即日融資が可能
  • Web完結申込
  • ATM手数料無料

みずほ銀行カードローンの詳細を見てみる

みずほ銀行カードローン(コンフォートプラン)の申込方法と必要書類

みずほ銀行カードローンの必要書類

本人確認書類

・運転免許証・運転経歴証明書・パスポート・健康保険証・印鑑証明書・住民票・在留カード・特別永住者証明書・住民基本台帳カード

本人確認書類は、上記のうちいずれか一点が必要になります。

収入証明書(利用限度額が201万円以上から必要)

・源泉徴収票・住民税決定通知書・課税証明書・納税証明書

収入証明書類は、利用限度額が201万円以上になる場合のみ必要です。

印鑑(みずほ銀行の口座を開設する人のみ)

みずほ銀行の口座を開設する場合のみ印鑑が必要になります。

みずほ銀行カードローンの申込方法

WEBでの申し込みをすると、最短即日で仮審査の回答があります。その後に必要書類を提出して本審査を通過すれば融資可能です。

みずほ銀行で即日融資を受ける場合は、朝9時までにWEB申込を済ませておきましょう。朝一の申込であれば、即日融資が受けられる可能性が非常に高くなります。

みずほ銀行カードローンは、口座を持っていない場合、融資が受けられるまでに、1週間~10日程かかるので、即日融資が受けられません。

しかし、口座を持っている場合であれば即日融資に対応してもらえます。

みずほ銀行カードローンの必要な情報

専業主婦の場合

  • 名前・生年月日・住所・電話番号・住居区分・居住年数・子ども人数
  • 利用中の他社ローン・家族と同居かどうか・配偶者勤務先名称・配偶者勤続年数
  • 配偶者業種・配偶者税込年収・返済用口座・借入目的・メールアドレス・極度額(※)

※極度額(契約上の利用上限。利用限度額は現在借りられる最高限度額で極度額の範囲内で設定される)

配偶者の情報もある程度必要になりますが、旦那さんに直接確認の連絡が入ることや、旦那さんの会社に在籍確認がおこなわれることはありません。

契約情報は、個人情報となるので、たとえ家族であっても知られることはないので安心です。

収入のある主婦の場合

  • 名前・生年月日・住所・電話番号・住居区分・居住年数・子ども人数
  • 利用中の他社ローン・家族と同居か・勤務先名称・勤務先住所
  • 勤務先電話番号・所属部署・勤続年数・全社員従業員数・職種・業種

収入のある主婦の場合は、自身の申込情報のみが必要になります。

みずほ銀行カードローンの返済方法と利息はどのくらいかかる?

みずほ銀行カードローンの返済方法は、利用残高に応じて、毎月の返済額がスライド式に下がっていく「残高スライド方式」となっています。

返済日は毎月10日で、指定のみずほ銀行口座から残高スライド方式で決められた最低返済額が自動的に引き落とされます。

前月10日の利用残高 毎月の最低返済額
1万円未満 前月10日の利用残高
1万円以上100万円以下 1万円
101万円以上200万円以下 2万円
以降100万円増額ごと 以降1万円ずつ加算

借入残高が減っていくにつれて、返済額も少なくなっていくので、毎月の負担が少ないのが「残高スライド方式」のメリットです。

しかし、その分利用残高の減りが遅くなり、返済回数は増えていき、利息総額が高くなるデメリットもあります。なるべく、利息をかけずに借入するなら、追加で返済をおこなっていくと良いでしょう。

みずほ銀行カードローンの返済シミュレーションと利息

では、みずほ銀行カードローンを利用した場合の返済イメージを見てみましょう。

みすほ銀行カードローン(コンフォートプラン)の金利は以下の通りです。

利用限度額 金利
10万円以上 〜100万円未満 14.0%
100万円以上 〜200万円未満 12.0%
200万円以上 〜300万円未満 9.0%
300万円以上 〜400万円未満 7.0%
400万円以上 〜500万円未満 6.0%
500万円以上 〜600万円未満 5.0%
600万円以上 〜800万円未満 4.5%
800万円以上 〜1,000万円未満 4.0%

利用限度額に応じて適用される金利も変わります。

みずほ銀行カードローンの返済シミュレーション

専業主婦が20万を借りた場合

みずほ銀行では、専業主婦の利用限度額は30万と決められているので、実質年利は年14%になります。(利用限度額10万円以上100万円未満なので)

返済初月の利息の計算式は ※1ヶ月が30日だった場合

返済1ヶ月目

20万(利用残高)×0.14(実質年利)÷365(日)×30(日)=2,301円(1ヶ月の利息)

20万借りている場合、毎月の最低返済額は1万になります。

1万円(最低返済額)−2,301円(利息)=7,699円(元金の返済額)

したがって、20万から7,699円を引いた「19万2,301円」が残りの元金(利用残高)になります。

返済2ヶ月目

19万2,301円×0.14÷365×30=2,212円(2ヶ月目の利息)

2ヶ月目の利息は「2,212円」になります。ということは、毎月の返済額1万円から2,212円引いた、「7,788円」が2ヶ月目の「元金に対する返済額」にあてられるということです。

これを何回も繰り返し、元金が0円になれば返済が終わります。

みずほ銀行の返済アドバイス

毎月の返済額は、返済用の口座から自動的に引き落とされるもので、さらに上乗せでみずほ銀行ATMや、コンビニATM、などで自由に返済することも可能です。早期に完済したい場合は、追加で返済をおこなうのがおすすめです。

みずほ銀行は総量規制の対象外

みずほ銀行カードローンは、総量規制対象外です。みずほ銀行カードローンも対象外になり、年収の3分の1以上借り入れできます。

ただし、専業主婦の場合は利用限度額30万円までの借入になります。

みずほ銀行カードローンの口コミ

36歳/パート・アルバイト主婦/借入額10万円

パートをしている私の収入でも、大手銀行のカードローン審査に通るのか正直不安でした。

しかし、審査結果は申込をした翌日に、すぐに出ました。予想していたよりも早く審査結果が分り、融資可能といことだったので本当に安心しました。もともと、みずほ銀行口座を持っていたので、契約手続きもとくにつまずくところもなく無事に終わりました。返済も自動的に毎月引いてくれるので安心です。また、キャッシュカードしか持っていないので主人に怪しまれることもまったくないです。本当にみずほ銀行カードローンにしてよかったです。

28歳/専業主婦/借入額10万円

みずほ銀行の口座は持っていなかったのですが、金利が他の銀行カードローンよりも低かったので、申し込むことに決めました。

5万円ぐらい借りようと考えていたのですが、10万円からしか借り入れできなかったので、カードローン初心者の私には返済できるか不安でした。しかし、みずほ銀行カードローンは、他の銀行カードローンよりも、低金利なので、返済もそんなに負担になることなく無事完済できました。