ソニー銀行カードローン

  1. ソニー銀行カードローン

    ソニー銀行カードローンは、下限金利が業界最低水準の2.5%をほこり、上限金利も13.8%と「低金利で利用できるカードローン」です。300万円までの融資は収入証明書不要で申込が可能となり、ソニー銀行口座を持っていれば本人確認書類の提示も不要です。さらに、全国の提携ATMで365日24時間いつでも借入・返済が可能で、利用手数料も無料です。借入や返済を気軽におこないたい人におすすめのカードローンがソニー銀行カードローンです。

    • 専業主婦
    • 即日融資
    • スマホ完結
    金利 限度額 即日審査
    2.5%〜13.8% 10〜800万円 最短60分

    詳しくはこちらをクリック

ソニー銀行カードローンの基本情報

金利 融資限度額 専業主婦融資限度額
2.5%〜13.8% 10万〜800万円 50万円
利用対象 最低借入額 遅延損害金利率
満20〜65歳 10万円 14.6%
担保・保証人 借入方法 保証会社
不要 ・提携ATM
・テレホンバンキング
アコム株式会社
在籍確認 郵送物の有無 収入証明書
あり あり 301万円以上から必要

ソニー銀行カードローンの特徴・魅力

ソニー銀行カードローンの特徴・魅力として、下記の4つが挙げられます。

低金利で借入できる

ソニー銀行カードローンの魅力は、なんといっても年2.5%〜13.8%に設定された「低金利」です。とくに、「2.5%」という下限金利はカードローン業界の中でも最低水準となります。

カードローン会社を選ぶ際に、もっとも注意して欲しい点は「金利」です。できるだけ低い金利でお金を借りるほうが、返済が早く終わるうえに、支払わなければならない利息総額が減るなどのメリットがあります。

ソニー銀行カードローンの低金利なら、安心の返済プランでゆとりあるキャッシングがおこなえます。
さらに、返済が遅れた場合に発生する金利(遅延損害金利率)も、他の銀行カードローンと比べて低い利率で設定されています。万が一、返済が遅れてしまった際も、高額な遅延損害金にならないので良心的です。

カードが届く前にキャッシングできる「初回振込サービス」

ソニー銀行カードローンは、ソニー銀行口座を開設していなければ利用できません。したがって、ソニー銀行口座をもっていない人は、申し込みを済ませて仮審査に通過したあと、口座開設手続きをおこなう必要があります。

多くの銀行カードローンでは、口座開設が完了し、自宅にキャッシュカードやローンカードが届いてから、ようやくキャッシングを利用できるようになります。そのため、カードローン申込みからキャッシング開始までに1〜2週間かかってしまうことが多いのです。

しかし、ソニー銀行カードローンは、契約時に口座開設をおこなった人のために、「初回振込サービス」というサービスを用意しています。初回振込サービスは、カードローンの本契約完了後に、初回借入のみ指定口座への振込融資を受けることができるサービスです。このサービスを利用すると、申込日翌日の14時30分までに本審査通過連絡の確認が完了していれば、「最短申込日翌日」に融資が受けられます。

OK主婦

ソニー銀行カードローンは、口座を持っていないけれどお金を急ぎで必要としている人にも、早く融資が受けられるように便利なサービスが備わっています。

※初回振込サービスを利用する場合は、「指定口座の通帳またはキャッシュカードのコピー」と「本人確認書類のコピー」をFAXか郵送にて送付が必要です。
※初回振込サービスで振り込まれる金額は、30万円、もしくは利用限度額の50%のどちらか低い金額が上限額に定められます。

提携ATMの利用手数料無料

ソニー銀行カードローンは、借入・返済に利用できる提携ATMが豊富です。「セブン銀行・イオン銀行・イーネット・ローソン・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・ゆうちょ銀行」のATMで、カードローンの「残高照会・借り入れ・返済」の取引が可能です。

銀行カードローンによっては、提携ATMの中でも「借り入れはできても返済はできない」といったバラつきがありますが、ソニー銀行カードローンならどちらの提携ATMを利用しても借入・返済がおこなえます。

さらに、カードローン返済に関しては、すべての提携ATMで何度でも手数料無料で利用できます。また、セブン銀行とイオン銀行のATMでは、借り入れの際の手数料も何度利用しても無料になります。その他の提携ATMでも、月4回までは借り入れ時の利用手数料が無料なので、追加借入や追加返済が自由におこなえます。

ソニー銀行口座を持っていれば即日融資可能

ソニー銀行口座を持っている人は、即日融資が可能です。

ソニー銀行口座を持っている人は、サービスサイトにログインして、カードローンの申込をおこないます。審査は、保証会社である「アコム株式会社」がおこないます。仮審査結果の回答は、「最短60分」で登録したメールアドレスに送られてきます。

その後、勤め先や自宅へ在籍確認がおこなわれます。在籍確認が無事に終わり、本審査に通過するまでの過程が当日中に完了すれば、「提携ATM・テレホンバンキング・インターネットバンキング」を利用してキャッシングが可能になります。

即日融資が希望でソニー銀行の口座をお持ちでない方は「主婦・専業主婦の即日融資が可能な銀行カードローン」のページを参考にしてください。

※手持ちのキャッシュカードの種類によっては提携ATMでの借入が不可能な場合があります。
※審査が混み合っている、審査内容に問題があるなどの理由により審査回答が遅れて即日融資ができない場合もあります。

ソニー銀行カードローンの申込方法と必要書類

ソニー銀行カードローンで申込をする際の、必要書類と申込方法は以下のようになります。

ソニー銀行カードローンは、ソニー銀行普通預金口座を持っている人なら、本人確認書類の送付が必要ありません。カードローンの申込では、たとえ契約先の銀行口座をもっていても、本人確認書類の送付も必要であることが多いです。ソニー銀行カードローンなら、本人確認書類送付の手間がはぶけるので、よりスピーディーな手続きが可能となります。

確認書類の送付が必要な場合は、必要書類を「郵送」または「FAX」で送付します。下記に該当する人は、申込時に「確認書類送付」が必要になります。

300万円を超える利用限度額を希望する

契約者本人の年収が確認できる資料として、「源泉徴収票・課税証明書・住民税課税決定通知書・確定申告書・納税証明書」のうち、いずれか一点のコピーを送付する。

初回振込サービスを利用する

ソニー銀行口座を持っていない人の中で、契約成立時の借入方法を「指定口座への振込」に指定した場合は、「本人確認書類のコピー」と「振込先に指定する口座の普通預金通帳またはキャッシュカード券面のコピー」を送付する。

外国籍である

永住許可を受けていることが確認できる資料として、「在留カード」もしくは「特別永住者証明書」のコピーを送付する。

※ソニー銀行口座を持っていない人で初回振込サービスを利用しない場合でも、口座開設にあたり本人確認書類が必要になるため、免許証や健康保険証などのコピーを送付することになります。

ソニー銀行カードローンの申込方法

申し込み手順

  1. WEB申し込み

    ソニー銀行カードローンを契約する際は、パソコンやスマホから「WEB申込」をおこないます。郵送や電話といった申込方法はありませんが、今はすべての金融機関でWEB申込が主流になっています。WEB申込は、もっとも簡単で、素早く手続きを終えられる申込方法になります。

  2. 仮審査・在籍確認

    ソニー銀行カードローンは、仮審査が最短60分で完了します。仮審査に通過すると、職場や自宅への在籍確認がおこなわれます。在籍確認が終了すると、本審査へと進みます。(本審査の前に、口座開設が必要な人は口座開設の手続きをおこない、確認書類の送付が必要な人は書類の送付をおこないます。)

  3. 本審査

    ソニー銀行口座を持っている人は、「最短当日中」に本審査結果の連絡があり、カードローン契約が完了します。ソニー銀行口座を持っていない人は、「最短申込日翌日中」に本審査結果の連絡があり、カードローン契約が完了します。

申込の際に必要な情報

WEBで申込をするにあたって、以下の情報を入力します。

  • 氏名:性別:生年月日:住所:自宅電話番号:メールアドレス:居住形態:居住年数:家族構成
  • 家賃:ローン返済額:職業:年収:健康保険種別:月々のローン返済日

専業主婦の人は、上記の情報まで入力して申込が完了します。配偶者の勤め先や、勤め先の電話番号などの情報は一切必要ありません。お勤めのかたは、上記の情報に加えて下記の情報も入力する必要があります。

  • 会社名:勤め先住所:勤め先電話番号:業種:資本金:所属部署:役職名:職種:仕事内容
  • 入社年月:前の勤め先:前職の勤続年数:収入パターン:出向先の有無

ソニー銀行カードローンの返済方法

ソニー銀行カードローンは、「約定返済」と「随時返済」の2つがあります。どちらかを選択できるわけではなく、毎月約定返済をおこなっていくうえで、さらに随時返済も追加できる形になります。

約定返済方法

毎月の返済日は、カードローン申込の際に「2日・ 7 日・12日・ 17日・ 22 日・27日」から選択します。
指定した返済日を「約定返済日」と呼び、約定返済日にソニー銀行普通預金口座から決められた金額(約定返済額)が自動的に引き落とされるようになります。

約定返済額は、前月の約定返済日時点の利用残高(借入残高)にあわせて、ソニー銀行により下記のように定められています。

利用残高 返済額
10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超40万円以下 6,000円
40万円超60万円以下 8,000円
60万円超80万円以下 10,000円
80万円超100万円以下 12,000円

100万円以降も限度額上限の800万円までは約定返済額が決められています。専業主婦の人は、借入限度額の上限が50万円と決まっているので、約定返済額は多くても8,000円になります。ソニー銀行カードローンは、最低返済額が2,000円なので、全体的に約定返済額が低めに設定されています。

約定返済額を毎月かならず支払っていれば、延滞にはなりません。

随時返済方法

すきなときに返したい金額を自由に返済できる方法です。返済の際は、「提携ATM・インターネットバンキング(サービスサイト)・テレホンバンキング」を利用します。

ただし、随時返済には下記の注意点があります。

随時返済をおこなっても約定返済はある

たとえば、毎月27日を約定返済日にしていて、それ以前に約定返済額以上の金額を返済したとします。その場合も、約定返済日には必ず決められた返済額が自動引落しされるので、普通預金口座にお金を用意しておくことを忘れないように注意してください。約定返済日に返済額が引き落とされないと、延滞となり「遅延損害金」が発生します。

利息も合わせた全額返済はインターネットバンキングだけ

毎月の返済には必ず「利息」が発生します。随時返済で利息と利用残高の全額を一気に返済する場合は、「インターネットバンキング」を利用する必要があります。全額返済を扱っているのは、サービスサイト(インターネットバンキング)のみで、提携ATMとテレホンバンキングは元金に対する返済は可能ですが、利息に対する返済はできません。したがって、提携ATMとテレホンバンキングで残りの借入残高を一気に返済しても、約定返済日に残った利息が引き落とされることになるので注意が必要です。

こちらOL

ソニー銀行カードローンはゆるやかに返済ができるので、専業主婦の人がカードローンを使用しても返済金額が家計にひびくことはありません。

ソニー銀行カードローンの利息

ソニー銀行カードローンの金利は、利用限度額に合わせて下記のように決められています。

利用限度額 金利
10万円〜50万円 13.8%
60万円〜90万円 12.8%
100万円 9.8%
150万円 9.0%
200万円 8.0%
300万円 6.0%
400万円 5.0%
500万円 4.0%
600万円 3.5%
700万円 3.0%
800万円 2.5%

では、ソニー銀行カードローンで借入した場合の返済シミュレーションをおこなってみましょう。

専業主婦が20万円借りた場合

まず、適応金利を調べます。ソニー銀行カードローンは、専業主婦の借入極度額を50万円と定めているので、専業主婦の借入の際は適応金利が「13.8%」になります。

では、20万円キャッシングした専業主婦が返済をおこなっていく際の利息の計算をおこないましょう。

返済1ヶ月目

20万円(利用残高)× 0.138%(金利)÷ 365(日)× 30(日)=2,268円(1ヶ月分の利息)

返済1ヶ月目の利息は2,268円になります。さらに、返済1ヶ月目の約定返済額は、借入残高が10万〜20万円の場合の返済金額、「4,000円」になります。たとえば、約定返済額しか返済しなかった場合、自動引落しされた4,000円から、まず利息の2,268円分が引かれます。すると、残りは1,732円になり、この金額が借入残高(元金)への返済に充当されます。

返済2ヶ月目

前月の返済により、利用残高が変わります。前月、元金の返済にあてられた金額は1,732円なので、これを20万円から引いた金額「198,268円」が今回の利用残高になります。

19万8,268円(利用残高)× 0.138%(金利)÷ 365(日)×30(日)=2,248円(2ヶ月目の利息)

今回も約定返済額のみの返済であれば、前月と同じように4,000円から先に利息分(2,248円)が充当され、残りの金額(1,752円)が元金への返済にあてられます。

このようにして毎月返済をおこなって、借入残高が0円になると返済が完了(完済)します。

ポイントOL

シミュレーションのように、毎月約定返済しかおこなわないと、利息にばかり返済金が使われてしまうため、肝心な元金の返済が進みません。随時返済も追加でおこなって早く元金を減らすと、利息に支払う金額が減り、完済までの支払い総額に大きな差がでます。随時返済をうまく利用しましょう。

ソニー銀行カードローンは総量規制の対象外?

ソニー銀行カードローンは、銀行によるカードローンなので「総量規制対象外」になります。総量規制とは、契約者の利用限度額を年収の3分の1までにおさめると定められた法律です。

この法律は、貸金業法で定められているもので、対象となるのは貸金業法のもとで貸金業をおこなっている「消費者金融」になります。銀行カードローンは銀行法のもと貸金業をおこなっているため、総量規制の対象ではありません。

したがって、銀行カードローンでは年収の3分の1を超える融資や、自身に収入のない専業主婦への融資が可能となっています。

ソニー銀行カードローン利用者の口コミ

35歳/専業主婦/借入額25万円

ソニー銀行の口座は持っていなかったんですが、低金利で返済額も低く設定されているので申し込みました。

初回振込サービスを利用して、申し込みをした翌日には口座に振込をしていただきました。口座開設の手続きがパソコンでできるのは便利だったんですが、初回振込サービスを利用するにあたって確認書類のコピーをFAXするのが少々面倒でした。自宅にFAXがなかったのでコンビニまで足を運ばなければならなかったです。さらに、翌日電話がきてFAXの写りが悪かったため、再FAXを要求されたのでもう一度コンビニへ…。ただ、きちんと指定した口座に振込をしていただけましたし、返済額も低いので不満はありません。

27歳/パート/借入額50万円

ソニー銀行の口座を開設したので、カードローンもなにかのときのために作っておこうと思い、申し込みをしました。サービスサイトにログインしてカードローンを申し込むだけで、手続きは終了です。すごく簡単でした。おそらく5分もかかっていないと思います。審査結果も2時間後に出て、在籍確認も難なく終了。当日中に契約が完了してしまいました。

こんなに簡単に50万円の融資が受けられるんですね。提携ATMもたくさんあるし、手数料も無料なので、ピンチなときにすぐにお金を借りられます。いつでも借りられる準備をしておくことで、生活に安心感が生まれました。