カードローンの手続きと流れ

専業主婦・パートアルバイト主婦の方は、家事や育児に追われて、なかなか時間がとれませんよね。カードローンの申込をおこなう際も、どのくらいの手間と時間がかかるか気になるところではないでしょうか。

こちら主婦

ここでは、カードローンの申込から手続きまでの流れについてわかりやすくまとめてみました。申し込み時の注意点に関しても書いてあるので、参考にしてみてください。

専業主婦・パートアルバイト主婦がカードローンを申し込むときに注意する点

虚偽の申告は絶対に禁止

カードローンの申込の際に、自分の情報を書いていくのですが、氏名・住所・連絡先・などの「個人情報」に関しても、勤務先・年収・他社の借入件数・住宅ローンなどの「信用情報」に関しても、必ず嘘の申告をしないようにしてください。

中には、審査に有利になるような「虚偽の申告」をする方もいますが、このような申告情報は必ずバレます。

銀行カードローン・消費者金融業者は、申込者の個人信用情報を見ながら、審査基準に基づいて返済能力の調査をおこないます。

個人信用情報は「指定信用情報機関(※)」によりすべて管理されていて、その情報をもとに審査をおこなうことが義務づけられています。

指定信用情報機関の個人信用情報を見れば、あなたのローン履歴や、金融事故(延滞・滞納・債務整理)の履歴は丸裸になっています。隠しようがないので、申込情報と違う申告があると、審査に落ちてしまうので注意しましょう。

また、申込時に嘘の申告をした事実は、最大6ヶ月間残ります。

カードローン申し込み時に、嘘の申告をしたことがバレると、その事実は「ブラック」として記録されます。申し込みの際に嘘をついた情報は、カードローンの申し込みをした会社だけではなく「指定信用情報機関」により、その他のカードローン会社にも共有されてしまいます。

たとえ、2社目の申し込みの際は、虚偽の申告をしなかった場合でも、ブラックの記録が残っていると審査に通りません。虚偽の申告は、信用情報に問題が無くても、審査に落ちてしまうので、申込情報は必ず正直に申告しましょう。

※指定信用情報機関:内閣総理大臣より指定されて個人信用情報を管理・提供している機関

専業主婦・パートアルバイト主婦がカードローンを申し込む方法

銀行カードローン・消費者金融によって申込方法の種類に差がありますが、主婦がカードローンを申し込むには以下の5つの方法があります。

  1. パソコン・スマホを使ってwebでの申込
  2. モバイル(ガラケー用)サイトからの申込
  3. 郵送での申込
  4. 電話での申込
  5. 店舗窓口・自動契約機での申込

1番簡単で手間いらずなのは1.のweb申込です。2.〜5.の申込方法だと本人確認書類を持って行き忘れるなど、書類が足りなかった場合に二度手間になります。キャッシングをして現金を手にするまでが1番早いのは5.の自動契約機です。また、申込は自宅で簡単にインターネットで済ませ、あとの手続きは自動契約機でおこなってその日のうちにカードもゲットという方法もあります。

カードローン会社別の申し込み方法一覧表

みずほ銀行 web・モバイルサイト・郵送・電話・店舗窓口
新生銀行レイク web・モバイル・郵送・電話・店舗窓口&自動契約機
バンクイック web・モバイル・郵送・電話・自動契約機
りそな銀行 web・郵送・電話・店舗窓口
イオン銀行 web・郵送・店舗窓口
楽天銀行 web(※1)
東京スター銀行 web・電話
静岡銀行 web
セブン銀行 web
プロミス web・モバイル・郵送・電話・店頭窓口&自動契約機(※2)
アコム web・郵送・電話・店頭窓口&自動契約機

※1 楽天銀行カードローンに専業主婦が申し込む場合は「専業主婦申込専用ページ」から申込をしなければなりません。
※2 プロミスの自動契約機以外に、三井住友銀行のローン契約機でも申込できます。

上記のように、申込の方法は申込をする人の条件に合わせて好きなように選択できます。

申込から手続きまでのだいたいの流れ

  1. 仮申込
  2. 審査(※在籍確認)
  3. 審査結果連絡と本申込
  4. 契約完了(契約書類・カード発送)
  5. キャッシング利用開始

※ 在籍確認の連絡は、パートアルバイト主婦なら職場に在籍確認、専業主婦なら自宅に本人確認の電話がかかってきます。(自宅への電話はない場合もある)

本人確認書類や収入証明書等の確認のタイミングは、仮申込時か本申込時のどちらかになります。口座開設が必要な場合も、「仮申込時・本申込時・契約完了後」のいずれかになります。

実際には選ぶ「申込方法」と「契約方法」で、必要確認書類の提出の手順が変わったり、契約書類とカードの発送が省略されたりします。

主婦のカードローン申込方法や手続き方法は1つではなく何パターンもあり、あなたの都合に合わせて選択できます。自宅から1歩も出たくないのであれば「web申込」をして「web契約」がおすすめですし、急ぎであったりカードや契約書類を郵送されたくないのであれば「自動契約機」で申込も契約も済ませるか、「web申込」をして「自動契約機で契約」もいいですね。お忙しい主婦の方にもweb申込がおすすめです。

WEB申込みについては「スマホで借りられるWEB完結・スマホ完結がおすすめ」のページで詳しく紹介しています。

またカードローン会社のホームページに自分の借入条件で「簡単借入診断」をしてくれます。その診断結果で借入できないとでたら、まず審査には通らないので申込の前に試しにそちらを利用してみるといいと思います。