住宅ローンで借り入れがバレる

主婦がカードローンを利用すると住宅ローンを組むときにバレませんか?
住宅ローンを組む金融業者には知られてしまいますが、第三者(家族・配偶者)に知られることはありません。

住宅ローンの審査で、申込者にカードローンの契約があれば、その情報は必ず分かります。また、反対にカードローンを契約する際に、住宅ローンがあるとその情報も知られてしまいます。

専業主婦は住宅ローンの契約があるとカードローンの審査で不利になる?

専業主婦の方がカードローン審査を受ける場合、住宅ローンの契約があっても、審査に大きく不利になることはありません。

また、住宅ローンの契約者が配偶者になっている場合は、カードローン審査の際に申告する必要もありません。

ただし、住宅ローンの支払いが滞っていたり、連帯債務者(連帯保証人)になっていたり、共有名義などの場合は審査に影響が出ることもあります。

住宅ローンは総量規制の対象になる?カードローンで借りられなくなる?

消費者金融会社は、総量規制の対象となるため、利用者に年収の3分の1以上の貸付をおこなえません。

「住宅ローンだけで年収の3分の1以上だとしたら、もう借りられないのでは?」と思いますが、住宅ローンは「総量規制の除外」となるため、消費者金融業者で借り入れは可能となります。

ただし、専業主婦の場合、総量規制の対象となる消費者金融業者を利用できません。総量規制対象外の銀行カードローンのみ借り入れ可能です。

主婦にカードローン契約があると住宅ローン審査に不利になる?

専業主婦の場合は、利用限度額が限られているので、そこまで住宅ローンに不利になることはありません。

パート・アルバイトにより収入のある主婦の場合、住宅ローンの契約の際に、夫婦合算した年収での契約をする場合は、妻の個人信用情報も審査対象になります。

夫の年収だけで住宅ローンの契約をする場合は、審査の際に契約者の個人信用情報だけが審査されるので、妻は審査対象になりません。

そのため、家計が赤字だと思われてしまうと住宅ローン審査に不利になるので、妻にカードローンの利用がある場合は、夫婦合算した収入で審査を受けないほうが良いかもしれません。

住宅ローンの審査基準

住宅ローンでは以下のポイントが審査で重要になります。

  • 年齢
  • 返済負担額
  • 勤続年数
  • 年収・月収
  • 健康状態

住宅ローンは、1,000万円を超える高額融資になるケースが多く、返済期間が長くなるので、契約者の年齢や勤続年数、健康状態、などが重要になります。

年齢に関しては、完済時に何歳になっているかがポイントになってきます。そのため、完済時すでに定年を迎えているような状況だと、審査に通らない可能性があります。

また、健康状態も大きく関わります。生命保険に入れないような持病があると、住宅ローン審査に通らないことがあります。住宅ローンの審査は、カードローン審査とは違い非常に難易度が高くなります。

なぜカードローン・住宅ローンの情報が金融機関にバレてしまうの?

カードローン審査の場合

カードローンの審査の場合、審査をおこなう金融機関、または保証会社が、「指定信用機関」の保管する個人信用情報を利用して、与信業務(貸付をしても良いのか判断する審査)をおこなうことが義務付けられています。

この個人情報には、カードローンや、クレジットカード、などの情報だけでなく、住宅ローンや、自動車ローン、などのローン情報も登録されています。
そのため、カードローンの審査を受ける際に、住宅ローンの情報もばれてしまいます。

ポイントOL

カードローン申込み時に、住宅ローンなどの申告をしていないと「虚偽申告」として審査に落ちてしまうので注意しましょう。

住宅ローン審査の場合

住宅ローン審査の場合、情報が利用される信用情報機関は、銀行の住宅ローンであれば「全国銀行個人信用情報センター」になります。ただし、生命保険会社の住宅ローンであれば、CICかJICCの情報が利用されます。

この「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」は、加盟会員が銀行関連の金融機関のみで、消費者金融会社やクレジット会社などは加盟していません。では、「住宅ローンの審査では、消費者金融でのカードローン・クレジットカードの情報はバレないのか?」というと、それは違います。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)は、JICCやCICと情報交流ネットワーク(CRIN/クリン)を通じてお互いの管理情報の交流が可能です。どんな与信審査でも、個人信用情報機関がつながっているため、ローンなどの信用情報はすべてバレてしまうということです。

指定信用情報機関

  • 日本信用情報機構(JICC)
  • 株式会社シーアイシー(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

闇金業者は指定信用情報機関に加盟していない

個人信用情報には、指定信用機関に登録されたローン情報しか記録されません。指定信用機関が独自に調査して登録しているのではなくて、ローンに携わる会社が、加盟している指定信用機関にその情報を登録するのです。

つまり、ローン情報が指定信用情報機関に登録されていなければ、審査ではその情報は確認されないということになります。

ただし、指定信用情報機関には、与信審査をおこなう必要がある会社は必ず加盟しているため、指定信用機関を利用せずに審査をおこなう会社や、ローン情報を指定信用機関に登録しない会社は悪徳業者(闇金融業者)の可能性が高いです。

大手銀行が運営しているカードローンであれば、安心ですが中小企業の貸金業者を利用する場合は、事前に日本信用情報機構(JICC)・株式会社シーアイシー(CIC)に登録されているかを確認すると良いでしょう。悪徳業者からの借入は危険です。利用しないように気をつけましょう。