口座不要で借りれる
銀行カードローンの中には、口座開設不要で融資が受けられる場合もありますが、口座開設が必要になるケースが多いです。「口座を持っていない場合」は、口座開設の手続きをおこなう必要がありますが、申込の際になくても問題はありません。

銀行カードローンの中で「新生銀行レイク」「バンクイック」「楽天銀行」のみ、それぞれの普通預金口座を持っていなくても契約がおこなえます。

ポイントOL

急ぎで融資を受けた場合や、郵送物なしで借入するなら、口座開設不要で利用ができるカードローン会社「レイク」「バンクイック」がおすすめです。

口座不要で利用できるカードローン

口座不要で利用ができるカードローンは、「即日融資・郵送物なし」での借入に向いているカードローンです。口座手続き不要で融資が受けられるので、面倒な書類の記入が一切必要ありません。

口座不要で利用できるカードローン一覧

新生銀行カードローン レイク

新生銀行レイクは、口座開設不要で融資が受けられます。口座不要で契約した場合は、借入と返済を「レイクATM・提携ATM」でおこないます。

ただし、振込キャッシングや、自動引き落としでの返済希望の場合は、銀行口座の設定が必要になりますが、口座指定はありません。お手持ちの銀行口座を返済用口座として利用できます。

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

三菱東京UFJ銀行は、口座を開設する必要がありません。口座不要で契約した場合は、バンクイックカードを使用して「三菱東京UFJ銀行ATM・提携ATM」で借入と返済をおこないます。

ただし、振込での融資を希望する人は、三菱東京UFJ銀行の普通預金口座が必要になります。また、返済方法を自動引落しにしたい場合も、口座が必要になるので、その点のみ注意しましょう。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行の普通預金口座を持っていなくても、カードローン申込が可能です。申し込みの際に、返済用の口座を登録する必要がありますが、楽天銀行以外の口座でも可能です。

銀行口座が必要なカードローン

下記のカードローンで融資を受ける場合は、契約先の口座を持っていることが条件になります。ただし、口座を持っていない場合でも申込が可能です。その際は、申し込みと当時に口座が開設されます。

契約先の口座を持っていると、「即日融資が受けやすい」「郵送物なしで融資が受けられる」場合があります。各銀行により、融資方法が異なるので、あらかじめ詳細を把握しておくと良いでしょう。

銀行口座が必要なカードローン一覧

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、毎月の返済日に「みずほ銀行の普通預金口座」から引落しおこなわれるので、口座が必要になります。口座を持っていない場合は、仮審査の回答後、本申込書類(口座開設書類)が送付されるので、返送して口座を開設します。

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは、「横浜銀行の普通預金口座」を持っていることが条件になります。口座を持っていない人は、申込完了後、仮審査から契約までの間に、口座を開設する必要があります。なお、口座開設はWEBからおこなえるので、直接店頭に行く必要はありません。

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンの契約には、「イオン銀行の普通預金口座」が必要になります。口座を持っていない場合は、審査通過後、口座開設の手続きに入ります。その際、イオン銀行店舗で手続きをするか、郵送での手続きをするか、などの方法が選択できます。

東京スター銀行カードローン

スターカードローンを申込む場合は、返済用口座を「東京スター銀行のスターワン口座」に設定する必要があるため、口座を持っていることが条件になります。口座を持っていない場合は、仮審査申込の段階で東京スター銀行の口座(スターワン口座)を開設する必要があります。

※ネットローンタイプのバンクベストを申し込む場合は、東京スター銀行のスターワン口座が不要で契約可能です。

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローンは、セブン銀行のインターネットバンキング(ダイレクトバンキング)から手続きをする必要があるので、「セブン銀行の普通預金口座」を持っていることが条件になります。

口座を持っていない場合は、ローンサービスの申込と同時に、WEBで口座開設の手続きをおこないます。契約完了後、セブン銀行のキャッシュカードが、おおよそ1週間ほどで届きます。ローンサービスの利用は、カードが手元に届いてからになります。

静岡銀行カードローン セレカ

静岡銀行カードローンは、「静岡銀行インターネット支店の普通預金口座(WebWallet )」から引落しで返済をおこなうため、口座開設をしていることが条件になります。

口座を持っていない場合は、カードローンの申込と同時に、WEBで口座の開設の手続きもおこないます。口座開設と同時に申込みをした人でも、初回借入方法を「口座振り込み」に設定すれば、カードが届く前に指定した口座に融資してもらうことも可能です。

口座開設不要と口座を持っている銀行カードローンどっちがおすすめ?

「口座開設不要のカードローン」は、口座を開設する必要がないので、即日融資が受けられる可能性が非常に高いです。

「口座開設が必要なカードローン」の場合、口座開設の手続きまでに、おおよそ1週間~10日ほどかかります。契約先の口座を持っているなら、即日融資に対応している場合もありますが、口座を持っていないと、即日融資が受けられない場合がほとんどです。

また、「口座開設不要のカードローン」は、開設手続きが必要ないので、自宅に郵送物が届かない場合が多いです。唯一、楽天銀行のみ所在確認のための郵送物が届きますが、その他の銀行では送られてきません。

このように、口座開設不要のメリットはとても多くあります。しかし、口座開設が必要なカードローンでも、契約先の口座を持っている場合は、同様のメリットが得られるので優劣の差がほとんどありません。

契約先の口座を持っていない場合は、「口座開設不要の銀行カードローン」を利用したほうが良いですが、口座を持っているなら、どちらを利用しても良いと言えるでしょう。

ただし、契約先の銀行カードローンにより、利用条件が異なります。利用目的にあったカードローン会社を選択するのが賢明な判断です。