低金利で借りる

カードローン関連のサイトを見ていると「利息・利子・金利・利率・実質年利」などの専門用語が、多く使用されています。ところが、この言葉をきちんと理解して、カードローンを利用している人は少ないのではないでしょうか?

これらは、カードローンを申し込む際には、理解しておかなければいけない重要なキーワードです。なぜなら、実際に借りる金額に対して、最終的に合計いくら返せばいいのかを算出するのに関わってくるからです。

OK主婦

しっかりと利息・利率・実質年率の違いを理解してから、上手にカードローンを利用すると良いでしょう。

利子・利息の違い

利子・利息とは

貸借(たいしゃく)した金銭などに対して、ある一定率で支払われる対価。
利息と利子は同じ意味で使われるが、「貸した場合に受け取るものを利息」「借りた場合に支払うものを利子」と使い分ける。

カードローンは、借りた金額のみを返せばいいのではありません。返済時には「利子・利息」と呼ばれる手数料のようなものが発生し、必ず支払わなければいけません。

その手数料のようなものを、支払う側(利用者)は「利子」と呼び、受け取る側(銀行カードローン・消費者金融)は「利息」と呼び、使い分けています。

利息 金融機関から契約者が、お金を貸したので元金に上乗せしてもらうお金
利子 契約者から金融機関が、お金を借りたので元金に上乗せして払うお金

金利・利率の違い

利率 元金(※)に対する利息の割合
金利 元金に対する利子の割合

※元金とは、利子・利息を含まない、直接貸し借りしたお金。利用残高・借入残高ともいう。(100万円借りた場合100万円が元金となる)

金利・利率とは

「金利・利率」とは、利子・利息がいくらになるかを計算するためのレート・パーセンテージです。

ようするに、利息を計算するときに金利が必要になり、利子を計算するときには利率が用いられます。カードローンの利用者に関係してくるのは金利です。

この金利により、利息を毎月いくら支払わなくてはいけないのか、このくらい借入すると総額いくらくらいの利息が発生するか、などの計算をおこなっていきます。

また、金利には種類があります。

  • 年利(1年いくらと定めた利息)
  • 月利(1ヶ月いくらと定めた利息)
  • 日歩:ひぶ(元金100円に対する1日分の利息)

カードローンの場合は、年利で表記されている場合が多いです。

実質年利とは?金利・利率と何が違うの?

実質年利とは、「金利・利率」に「保証料(※)」などを加えたすべての支払いを年利で表したものを言います。

※保証料=「銀行カードローン」や「消費者金融」に、契約者が「連帯保証人不要」でカードローンを申し込むために支払う手数料のようなもの。その手数料をカードローン会社は保証人代わりとなる保証会社に支払う。

銀行カードローンや、消費者金融、などの公式のホームページに記載されている借入利率(金利)も実質年利で表示されています。

つまり、契約者は元金に対して実質年利で算出された利子を、元金にプラスして返済していくのです。

簡単に言うと、「銀行カードローン」で100万円借りたから、100万円を返せばいいのではありません。カードローンは、借りた100万円に「利子・保証料」を上乗せして返す仕組みになっています。

どうやって利息を出せばいいの?利息の計算方法

実質年利や利子などの言葉の意味は理解していただけたでしょうか?
では次に、「利息・利子」を割り出す計算方法を説明します。

利息・利子 = 利用残高(元金)× 実質年利(金利)÷ 365日 × 利用日数

この計算式を使えば、利息・利子がいくらになるか分かります。

たとえば、実質年利が14%の会社で10万円借りて、1週間で全額返済する場合

10万円(元金)× 14%(金利)÷ 365(日)× 7(日)

という利息計算式ができます。

100,000×0.14÷365×7=268.493151

1円以下は切り捨てとなり、利息額は268円になるので、1週間後、利用者が返済しなければいけない額は「10万268円」となります。

※カードローン会社によっては利息の単位が100円や1,000円のところもあります。

カードローン会社の公式ホームページを見ると、カードローン金利は○%〜○%と書かれている銀行カードローンや、消費者金融、などが多々あります。

これはなぜかというと、借入金額や返済期間など申込者の利用計画に応じて、適応される実質年利が変わるからです。したがって、下限金利〜上限金利という表記が使われています。

残高スライドリボルビング方式とは?知っておきたい利息に関する知識

多くのカードローン会社が、「残高スライドリボルビング方式」での返済方法を使用して、利息を計算していきます。残高スライドリボルビング方式では、借入残高に応じてローン返済金額が変動します。

たとえば、A銀行カードローンでは、次のように返済額が決められているとします。

借入残高 月々の返済額
5,000円〜10万円 5,000円
11万円〜50万円 10,000円
51万円〜100万円 20,000円

金利が14%だとしたら、50万円借りた場合にかかる利息は「5,753円」です。上記の表により、借入残高が、50万円の場合、月々の返済額は「10,000円」になります。

この10,000円から、利息の返済に5,753円があてられ、残りの4,247円が借入額への返済にあてられます。つまり、返済している1万円のうち半分は、利息分の支払いに毎回費やしているのです。

借入残高が高額だと、かかる利息も高くなります。借入残高が減ってきても、今度は返済額が下がるので結局返済額の半分を利息に費やすことになります。これでは、いくら支払いをしても、中々元金が減っていきません。

しかし、月々の返済額はあくまでも最低返済額(最少返済額)なので、決められた返済額以上いくらでも返せます。追加で返済をおこなうと、元金がより減少するので、利息がそこまでかかりません。

毎月の返済額を少なく設定すると、総額で支払う利息額が高くなってしまうので、無理をしない程度にしっかりと元金を減らして、上手に返済していきましょう。

上手な利息の返済方法

上手な返済のポイントは2つです。

必要以上に借入額を増やさな

軽い気持ちで、借入額を増やすと利息地獄にはまります。なるべく、必要な金額だけを借りるようにしましょう。

利息が気になるカードローンですが、計画的に利用すれば、とても便利なサービスです。低金利の銀行カードローンで計画的に利用しましょう。

返せる月は多く返して借入残高を早く減らす

最低返済額に甘えてはいけません。借入残高が高額であればあるほど利息がかかっているので返せる余裕がある時は返済にあてましょう。

返せるときは多く返して、早く元金を減らすと、少ない利息で済みます。気をつけないと、毎月、利息のみしか支払っていないような状態に陥ることもあるので、毎月の元金がしっかりと減っているか確認をしましょう。返済期間が長くなればなるほど、払っている利息はどんどん増えています。