利用限度額について

専業主婦の場合、利用限度額が決められているので、限度額より借入するのは難しいかもしれません。

パート・アルバイトにより収入のある主婦の場合は、銀行カードローンなら、年収の3分の1以上の借入ができる可能性があります。

決められた利用限度額よりも、多くのお金を借りたい場合は、「限度額の増額」をおこなうと良いでしょう。

こちらOL

現在、契約中のカードローンに、増額の申し込みをして審査に通れば、利用限度額が引き上げられて、現在の限度額以上のお金を借りられる可能性があります。

専業主婦の銀行カードローン利用限度額

専業主婦の場合、各銀行ごとに利用限度額が決められています。利用限度額内であれば、「限度額の増額」をしなくても借入することができます。

利用最高限度額
新生銀行カードローン レイク 審査
静岡銀行カードローン 50万
みずほ銀行カードローン 30万
東京三菱UFJバンクイック 30万
横浜銀行カードローン 審査
セブン銀行カードローン 50万
楽天銀行カードローン 50万
イオン銀行カードローン 50万
東京スター銀行カードローン 50万

主婦が増額をするための条件

極度額(借入枠)の増額をする場合は、再審査がおこなわれます。その際に、下記の条件を満たしているほうが有利になります。

  • 契約しているカードローンが増額に対応している
  • 返済額の延滞を1度もしていない
  • 前回契約から最低でも半年以上は経過している
  • 他社からの借入がない

契約しているカードローンが増額に対応している

カードローン会社によっては、増額に対応していない場合もあります。増額申請をおこなう前に、利用中のカードローンが、増額融資に対応しているのか確認しましょう。

返済額の延滞を1度もしていない

増額の審査基準は、返済に関する「信用性・信頼度」です。カードローン会社が増額の申請を受けて審査をおこなった際に、1度でも延滞していた返済履歴が確認されれば、増額審査に通りづらくなります。

前回契約から最低でも半年以上は経過している

増額を希望するカードローンの前回契約から、最低でも半年以上は経過していないと、審査に通るのが難しくなります。

金融機関も、損をする貸付をおこないたくはありません。そのため、最低でも半年〜1年は、利用してから、融資限度額の増額申請をしましょう。

他社からの借入がない

増額申込があると金融業者は、必ず審査をおこないます。その際に他社での借入があると、増額審査に通りづらくなります。融資限度額の増額審査では、申込者が信頼できるかどうかが重要になります。

返済が見込めない人、信頼ができない人、などの返済能力が見込めない方には追加の融資ができません。増額申請は、しっかりと返済実績を上げて信頼が得られてからおこないましょう。

専業主婦は限度額の増額ができる銀行カードローンが限られている

自身に収入のない専業主婦は、総量規制(※)の対象となる「消費者金融業者」での借り入れはできませんが、総量規制対象外の「銀行カードローン」なら利用ができます。

※総量規制=「年収の3分の1までを利用限度額とする」と定められた貸金業法の中の法律

ただし先述したように、銀行カードローンは、専業主婦の方への貸付けの際に、利用限度額(極度額)の上限を決めている場合が多くあるので、増額をおこなえない可能性もあります。専業主婦は、配偶者の収入のみとなるので、借入できる範囲が限られてしまうのです。

増額をおこなえない場合もあるので、事前にしっかりと把握しておくと良いでしょう。

銀行カードローン別増額早見表(専業主婦の場合)

利用最高限度額
新生銀行カードローン レイク 可能
三菱東京UFJ銀行カードローン 可能
三井住友銀行カードロー 可能
楽天銀行カードローン 可能
イオン銀行カードローン 不可
みずほ銀行カードローン 不可
東京スター銀行カードローン 不可
静岡銀行カードローン 不可
セブン銀行カードローン 不可

専業主婦の方でも、増額ができる銀行カードローンは以下の4つになります。

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

専業主婦の利用限度額は30万円までになりますが、増額申し込みをして審査に通過すれば50万円まで引き上げが可能です。ネットの会員ページから申し込むか、電話で申し込んで増額審査に入ります。

新生銀行カードローン レイク

レイクでは、専業主婦でも初回契約時の「利用限度額・増額枠の上限」を定めていません。利用者の借入状況や、返済状況により、「利用限度額・増額枠」が決められます。

また、レイクのローンカードが手元にあり「レイク会員ページ」にログインできれば、会員ページで増額可能かの確認ができて、さらに新規申し込み手続き等の必要もありません。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの規制は、年齢のみとなるので、専業主婦の方への貸付上限が設定されていません。審査に通過すれば、高額融資を受けられるかもしれません。

また、しっかりとした信用実績があれば、増額融資も可能です。

楽天銀行カードローン/スーパーローン

楽天銀行カードローンは、専業主婦の場合、利用限度額の上限は50万円と決められていますが、審査に通れば増額可能です。その際の上限額は、決められていないので審査次第になります。申し込み方法はメンバーズデスク(会員ページ)からとなります。

パート・アルバイト主婦はどの金融機関でも増額融資が受けられる?

パート・アルバイト主婦は、自身に安定した収入があれば、増額融資が受けられます。

ただし、「りそな銀行カードローン」「静岡銀行カードローン」「イオン銀行カードローン」「セブン銀行カードローン」は、パート・アルバイト主婦でも利用限度額が50万円と決められているため、増額融資は受けられません。

銀行カードローン別増額早見表(パート・アルバイト主婦の場合)

利用最高限度額
みずほ銀行カードローン 可能
新生銀行カードローン レイク 可能
三菱東京UFJ銀行カードローン 可能
三井住友銀行カードロー 可能
楽天銀行カードローン 可能
東京スター銀行カードローン 可能
静岡銀行カードローン 不可
セブン銀行カードローン 不可
りそな銀行カードローン 不可
イオン銀行カードローン 不可

消費者金融会社では年収の3分の1以上の増額は不可能

貸金業法によって定められた総量規制の対象となる「消費者金融会社」では、年収の3分の1以上の貸付がおこなえません。したがって、安定した収入があるパート・アルバイト主婦は、消費者金融でのキャッシングも増額もできますが、金額の基準は「年収の3分の1」までになります。

また、消費者金融は、銀行カードローンより審査には通りやすいですが、金利が高いため融資額が高ければ高いほど利息がかかってくるので、高額融資を受ける場合は、銀行カードローンで借入するほうがおすすめです。

追加融資と増額の違いはなに?

追加融資 利用限度額の範囲で、現在の借入額よりさらに追加で借入をする。
増額 利用限度額以上の額を借入する。

追加融資の際は、審査・手続きはいりません。審査もなく簡単にキャッシングが可能です。しかし、増額は再申し込みをおこない審査を受ける必要があります。

再審査をおこなう際に、本人確認のための身分証明書や、収入証明書類が必要になる場合もありますが、配偶者の同意書は必要ありません。専業主婦の場合、収入証明書類も必要ありません。

増額融資は必ず再審査がおこなわれるので要注意

増額申し込みをおこなうと、必ず審査が入ります。再審査は、最初に受けた審査と同じようにおこなわれます。在籍確認があるのはもちろん、審査の際に調べる内容も同じです。

その審査の際に、前回契約時より信頼度が下がってしまうような変化が見られると、増額どころか利用限度額の減額をされてしまうこともあります。増額の審査はそれだけ厳しいということを覚えておいてください。

また、あなたの信用性が評価されてカードローン側から増額の案内がくることもあります。案内を受けて増額申し込みをするのであれば審査通過は確実でしょう。