借り審査と本審査

仮審査は、カードローン申込をした後におこなわれる審査で、本審査は、仮審査に通過した後におこなわれる書類・申告情報の虚偽を確認する審査のことです。

基本的に、仮審査がもっとも重要な審査となり、仮審査に通過すれば本審査は、ほとんど通過すると言われています。

「仮審査」と「本審査」よくある質問

イオン銀行カードローンを申し込みました。仮審査は通りましたが、本審査でとおらないことってありますか?

仮審査に通過した場合は、本審査に落ちる可能性はほとんどありません。

仮審査に通過したというのは、利用者には返済能力がある、現在ブラックにもなっていない、などと判断されてたことになります。本審査で落ちる場合は、「必要書類の不備」によるものです。

しかし、書類に不備があったとしても、確認書類の不備に関しての連絡がきて、再提出が可能であれば問題がありません。

この書類の不備は、免許証の住所を書き換えていない、住民票の住所も変えていない、などという方があてはまります。書類の再提出ができなければ、もちろん本審査で落ちてしまいます。

したがって、仮審査に通過すれば、よほど本審査で落ちる心配はありませんが、書類に不備があり、再提出がおこなえない場合は、本審査で落ちてしまうと言えるでしょう。

※一部の消費者金融では、独自の審査システムを採用しているところがあり、仮審査と本審査の意味合いが変わる可能性もあります。

仮審査と本審査の違いはなに?

仮審査と本審査の違いは、「本人確認書類・収入証明書を見て審査しているか」にあります。

主婦がカードローンの申込をおこなう際、氏名・住所・生年月日・勤務先・年収、などの個人情報から、他社借入件数・借入額・住宅ローン、などの信用情報まで、様々な個人信用情報を自己申告します。

この申込情報をもとに、カードローン会社は1回目の審査をします。これが「仮審査」です。仮審査だからといって、簡単な審査という意味ではありません。

申告された個人信用情報に”虚偽”がないか、審査を委託された保証会社や金融機関は、指定信用情報機関の管理している個人信用情報をもとにしっかり審査しています。また、収入のある主婦の場合は、仮審査の段階で職場への在籍確認がおこなわれます。専業主婦の場合は、勤め先がないので在籍確認がおこなわれません。

仮審査の結果に問題がなく、申込者に返済能力があると判断された場合は仮審査に通過し、本審査に進みます。その際、運転免許証などの「本人確認書類」、必要であれば給与明細書などの「収入証明書」を提出します。それをもとに2回目の審査がおこなわれます。これが「本審査」です。

銀行カードローンや、消費者金融の公式サイトでよく目にする「借入診断」「3秒診断」という診断があります。この診断を「仮審査」だと思っている方が多いのですが、あくまで利用条件にあてはまっているかを確認するものなので、まったくの別物です。

実際に、借入診断をやってみると、 記入する情報が少ないことがよくわかります。カードローンの審査では、「この人にお金を貸してもしっかりと返ってくるのか」などの、返済能力の有無がおこなわれます。年齢と借入件数だけでは、返済能力があるのか判断できないので、借入診断に通過したからといって、審査に通過するとは限らないと言えます。

  1. 仮診断

    コンピューターによる簡単な診断

  2. 仮申し込み(仮審査)

    指定信用情報機関の個人信用情報をもとに人間の手によってしっかり審査される

  3. 本申し込み

    確認書類提出

  4. 本審査

    確認書類をもとに人間の手によってしっかり審査される

  5. 契約完了
  6. 融資

なぜ本審査と仮審査に分かれているの?

仮審査で利用限度額を算出して、本審査の前に意思確認をおこなうためです。

たとえばケータイを購入する際、

  • 新規なのか機種変更なのか
  • どんな機種にするのか
  • 在庫はあるのか
  • どんな契約内容にするのか
  • 一括で買うのか分割で買うのか

あらゆる相談を店員さんとして、すべてが形として見えてから契約が進みますよね?契約の段階になって最後に本人確認書類を提出します。

カードローン申し込みの審査に関しても、同じことが言えます。

ポイントOL

キャッシングの利用をお客様にしてもらえる状況か、1度きちんと個人信用情報や借入条件などと相談しながら、形として貸付をおこなっても良いと見えた際に、本人確認書類をいただいて契約に進むというようなイメージです。

カードローン審査の注意点

カードローン会社は、仮審査の際に、申込者の個人信用情報の開示を、個人信用情報機関に依頼します。この個人情報が開示されたという記録は残されます。

では、自分が借入できるのかどうかを、カードローン会社ごとに審査を受けたらどうなるのでしょうか。申込情報は、記録として残る仕組みになっているので、審査を受けた分だけ残ります。

ここで注意していただきたいのが、一定期間に何社も申し込みをすると、申し込みブラックになり、審査に通らなくなってしまうという点です。簡単にいうと、何社も申込をすると、借金を踏み倒すリスクが高いと判断されて、ブラックリストに載ってしまうのです。

また、分らないことを聞くために、問い合わせの電話をおこなった際も要注意です。電話の最後にオペレーターの人が、「よろしければこのまま電話でいくらぐらい借入可能かなど、簡単な仮審査までおこなえますが…」と返答がくる場合があります。これは、簡単診断ではなくて、「仮審査」になるので記録が残ります。

問い合わせ先のカードローン会社で、そのまま契約を結ぶ場合は良いですが、とりあえずいくらくらい借入できるのか聞きたかった、断れなかったのでお願いした、などの場合は気をつけましょう。あとから、契約の取消も可能ですが、審査を受けた情報は最大6ヶ月間残るので、他社の金融機関を利用する際に、不利になるかもしれません。信用情報に傷がついてしまうので、過度にカードローン会社に申込をおこなわないように注意しましょう。

主婦は借入診断を上手く利用しましょう

自分が選んだ銀行カードローンにキャッシングの申し込みをして、実際に審査に通るかどうか不安ですよね。だからといって、試しに仮審査まで受けて落ちてしまうのも嫌だという場合には、借入診断を上手く利用しましょう。

借入診断で「借入できません」と出た場合は、審査に通る可能性はありませんが、何度おこなっても問題はありません。

こちらOL

審査に通過するか不安な場合は、一度、調べてみると良いでしょう。ただし、金融機関によっては、借入診断がない場合もあります。あらかじめご了承ください。

(例)年齢は30歳の場合で借入診断をやってみました

収入(年収) 96万円
他社借入件数 1件
他社借入金額 20万円
借入可否

このように、収入や他社での借入状況だけでも、借入が可能なのかを見極めることができます。