審査に落ちた理由

カードローンの審査に落ちる原因であげられるのは、次の3つの可能性が高いです。

  • 金融事故を起こしてブラックになっている
  • 申込時に虚偽申告をしている
  • 債務整理をおこなっている

また、専業主婦の申込みの場合は、配偶者の信用情報も重要になります。

ポイントOL

カードローンの審査の基準や、審査において不利になる条件は何かを把握して、審査に通る条件を揃えましょう。

なぜ審査に落ちた?主婦がカードローン審査に落ちた原因と理由

主婦が、カードローンの審査に落ちた原因は、上記の3つに加えて下記のことが原因として挙げられます。また、その理由も詳しく説明します。

虚偽申告は審査落ちの原因になる


カードローン審査に重要なのは、「申込の際に嘘の情報を記入しないこと」です。

当たり前のように聞こえますが、とても大切なことです。「嘘をつく=信用できない」と判断されて審査に落ちてしまうからです。

銀行や消費者金融は、以下の信用情報機関を通して、申込者の個人信用情報(※)を確認することができます。

  • JICC(日本信用情報機構)
  • CIC(指定信用情報機関)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

与信審査では、この個人信用情報をもとにして、返済能力の調査をするように法律で義務づけられています。

たとえば、他社で借入をしているのに「他社借入0件」と嘘をつけば、審査でその嘘がばれてしまいます。なぜなら、個人信用情報では、申込者のローン状況が記載されているからです。個人情報を確認すれば、他社での借入は簡単に把握されます。

また、意図的におこなっていない場合でも、虚偽申告として審査に落ちてしまいます。たとえば、WEB申込時にうっかり入力ミスをしていて個人情報に間違いがあった、という場合でもいけません。カードローン会社は、申込者の人柄ではなく、情報のみで判断しているので気をつけましょう。

※個人信用情報には、氏名、生年月日、住所、勤務先など本人だと識別する情報と、ローンの借入件数や延滞に関する情報が記載されています。

返済能力に問題がみられた

返済能力の判断材料となるのは、「年収・信用情報」です。専業主婦の場合は、「配偶者の年収・信用情報」も判断材料になります。

ただし、パート・アルバイト主婦や専業主婦の場合は、借入限度額が高額にはならないため、年収よりも信用情報を重視して審査されます。

「信用情報」は、信用情報機関の保有する個人信用情報をもと、個人のローンや、クレジットカード、などの利用履歴がみられます。これらの情報により、申込者がいわゆるブラックになっていないかを確認しています。

過去の利用履歴に、返済の遅れ、割賦金の滞納、債務整理、などをおこなっている人は金融事故者(ブラック)として扱われます。

ブラックになっている人は、返済能力が欠落しているとみなされるので、カードローンの審査には通過せず、融資が受けられません。

専業主婦の方は、利用者だけではなく、配偶者にも問題がないことが重要です。配偶者の安定した収入をもとに契約を結ぶので、配偶者の信用情報も同じように重要になります。

反対に、パート・アルバイトにより収入を得ている主婦の場合は、配偶者の情報は一切不要です。利用者の信用情報のみが、審査の際の判断材料となります。審査基準をしっかりと満たしているのに、カードローン審査に落ちたという専業主婦の方は、配偶者の信用情報が原因かもしれません。

カードローンの滞納をしたことがある

過去に、カードローンの支払いを滞納してしまっていると審査に大きく不利になります。

他社の借入はもちろんですが、クレジットカードの支払い滞納や、ケータイ電話使用料金の滞納、本体代金の分割支払いの滞納、なども対象に入ります。

支払いの滞納に関しては、自己申告をしなくても信用情報機関にすべて載っています。

  • いつから滞納が始まったのか
  • 何回または何ヶ月滞納したのか
  • いつ滞納を返済したのか

3ヶ月以上の滞納があると、いわゆるブラック(金融事故者)になります。その情報は、JICCなら完済してから1年、CIC・KSCなら完済してから5年は消えないので、審査に落ちた原因は、過去の金融事故情報が原因かもしれません。

申込ブラックになっている

申込ブラックとは、短期間に複数の会社にローンの申し込みをしてしまったために、保証会社(審査をおこなう金融機関)から不審に思われ警戒されている状態にいることを、俗に申込ブラックと言います。

おおよそ1ヶ月に3社以上の申し込みをおこなうと、申込ブラックになる可能性が高いです。

「急いでいるから1社の審査を待っていられなくて…。」という気持ちは分かりますが、焦ったその気持ちが自分の審査の足を引っ張っていては、元も子もありません。

また、これは私の友人の話ですが、1度クレジットカードの審査に落ちてしまったことで、なぜ?!と動揺し、次から次へと他社へ申し込みをしてしまい、すべての審査に通過しませんでした。

審査に落ちてしまったからといって、動揺することも焦ることもありません。焦って次から次へと申し込みをするほど、自分を申込ブラックに追いやっているだけなのです。

万が一、申込ブラックになってしまっても6ヶ月経つと情報が消えるので安心してください。複数の金融業者に申込をおこなってしまった場合は、おとなしく6ヶ月待ちましょう。

旦那がブラックになっている

専業主婦の場合は、申込みをした本人だけでなく配偶者の信用問題も重要です。

ご主人が、過去に滞納や、債務整理、などの金融事故を起こしている場合は、カードローン審査の際に影響がでます。

また、旧姓だった頃の個人信用情報も残されているので要注意です。結婚して名字が変わったから情報も新しく再スタートという訳にはいきません。旧姓だった頃にブラックであったなら、5年経過していない限りは情報が残されていて審査に影響が出ます。

信用情報がなくスーパーホワイトである

スーパーホワイトとは、クレジットカードやカードローンを過去に1度も利用したことがない30歳以上の人のことを言います。

なぜ、スーパーホワイトが審査に影響するのかというと、信用情報がひとつもないと返済能力や、信用性、などを見極める材料がないので、貸付をおこなうか判断がしにくいからです。

また、過去に金融事故を起こしてブラックになった人が、完済をして5年経過すると、信用情報機関の管理している信用情報が、真っ白に消されます。

その状態は、過去にローンや、クレジットカード、などの利用履歴(クレジットヒストリー)がないスーパーホワイトの人と、まったく同じ状態になります。

したがって、審査している人には、ブラックだった人もスーパーホワイトの人も、どちらも同じに見えてしまうという訳です。

これを回避するには、クレジットヒストリー(クレヒス)を作ることが有効的です。クレジットカードを作ったり、携帯電話の本体代金を分割で購入したり、することでクレヒスが作られ、信用を得られます。

スーパーホワイトの状態だと、カードローンだけでなく、あらゆるローン審査に不利になるので、信用情報は作っておいたほうが良いと言えるでしょう。

主婦のカードローン審査基準は?

主婦のカードローンの審査基準は、「返済能力・与信(信用性)」が欠落していないかどうかです。この審査基準を満たしているのかを見極めるために、カードローン会社は様々な情報をもとに与信審査(信用リスク)を調査します。

専業主婦・パートアルバイト主婦のキャッシング審査に必要な情報は?

主婦がキャッシング申込の際、どんな情報を入力するのでしょうか。

希望利用限度額 名前 住所
生年月日 性別 保険種別
居住形態 居住年数 世帯年収
家賃または住宅ローン 子供の人数 固定電話番号
勤務先名称 勤務先住所 勤務先電話番号
勤務形態 勤続年数 業種
他社での借入状況 携帯番号 税込年収

カードローンサービス会社によって違いはありますが、上記の情報はWEB申込のときに必要です。会社によっては、旧姓・家族の承知の有無・給料日も回答欄があります。

カードローン審査は受けてみないと分らない

審査の基準は、銀行カードローンや、消費者金融、などで違いがあるので、審査の原因にあてはまっている方でも、例外で審査に通るケースもあります。

審査を通過するために、もっとも重要なことは、「嘘の情報を使わない」「支払いや返済をおこたらない」ということです。

また、個人の私見にはなりますが、1度自分の個人信用情報を確認するのも良い手だと思います。JICC・CIC・KSCの個人信用情報機関に自分の情報の開示を請求して、確かな個人信用情報を手に入れたうえで、審査になぜ通らなかったのか原因を探すのが確実ではないでしょうか。

個人情報開示の方法について「個人信用情報を開示してみよう」のページで解説していますので合わせてご覧ください。