配偶者貸付

専業主婦の方でも、配偶者貸付制度を利用すれば、消費者金融で借入が可能です。

ただし、用意する書類も多く、審査に手間がかかるため、大手消費者金融では配偶者貸付を取り扱っていません。この配偶者貸付けにより、専業主婦の方でも消費者金融で融資を受けられますが、実際に利用するのは難しいのが状態です。

専業主婦でも消費者金融で借りられる配偶者貸付って何?

配偶者貸付けは、消費者金融会社に必要な書類を提出すると、配偶者の年収と合わせた金額の3分の1まで借入ができる制度です。

たとえば、年収90万のパート・アルバイト主婦の場合、借りられる金額(利用限度額)は総量規制により30万までになります。

そこで配偶者貸付を利用すると、ご主人の年収が400万あるとしたら、400万+90万で夫婦の合計年収は490万になります。490万の3分の1は163万になるので、簡単に算出すると借入額は163万になるということです。

通常より、高額な融資が受けられるので利用したいところですが、現在では事務作業の悪化により、この配偶者貸付けを取り扱っていない消費者金融業者がほとんどです。

※他社での借入残高がある場合は、年収の3分の1から残りの返済額を引いた額が利用限度額になります。

こちらOL

残念ながら、専業主婦・主婦の方が配偶者貸付けを利用するのは難しいと言えるでしょう。

主婦が配偶者貸付を利用する際に必要な書類

  • 配偶者の同意書
  • 配偶者の収入を証明する書類(給与明細・源泉徴収書・課税証明書など)
  • 住民票・戸籍抄本(配偶者と家計が同じと証明できるもの)

以上の書類を用意しなければ配偶者貸付は受けられません。

カードローン契約では、専業主婦も、パートアルバイト主婦も、本人確認書類(運転免許書)のみで契約ができますが、配偶者貸付を利用する場合は必要書類がとても多くなります。

主婦にデメリットだらけの配偶者貸付

配偶者貸付は内容だけ聞くと、主婦にはありがたい話ですが、ふたを開けてみるとデメリットの多さに驚きます。

まずは、上で説明した通り必要な書類が多いことです。戸籍謄本や、住民票、などをわざわざ市役所に取りに行かなければなりません。市役所は、平日の決められた時間までしか営業していないですし、混み合っている場合は書類発行までに時間がかかります。

また、配偶者の同意書・収入証明書も必要になります。これらの書類が必要とあれば、旦那に内緒でお金を借りるのはまずできないでしょう。

そしてなにより大きな問題が、「大手の消費者金融では配偶者貸付自体を取り扱っていない」ということです。

CMでよく流れているような大手の消費者金融では、専業主婦の配偶者貸付を取り扱っていません。プロミスや、アコムに電話で問い合わせたところ「配偶者貸付自体取り扱ってはいない」と返答を受けました。

ポイントOL

中小企業の消費者金融では、専業主婦でも一部配偶者貸付を取り扱っているようですが、基本的には夢のようなお話と思っていたほうがいいかと思います。

専業主婦が利用するなら銀行カードローンがおすすめ

配偶者貸付けを利用しなくても、総量規制対象外の銀行カードローンなら、専業主婦の方でも借り入れができます。銀行なら消費者金融よりも低金利ですし、イメージも良いので安心ではないでしょうか。

「審査に簡単に通りそうだから…」「バレないで簡単に借りられそうだから…」、などという理由で消費者金融を探しているので、あればもう1度考えてみてください。

たとえば、「自分の条件では銀行カードローンの審査に通りそうにない」と思うのであれば、消費者金融でも通りません。

審査に通らないような条件を通してしまう会社は危険だと思ってください。

専業主婦は、総量規制により消費者金融では融資を受けられない

専業主婦は、総量規制により消費者金融では融資を受けられません。もし、「専業主婦でも配偶者貸付けなしでお金を貸しますよ」というカードローン会社があったら、それは無登録の違法金融業者(闇金)の可能性が高いでしょう。

配偶者貸付を利用して、まとまったお金を借りるのであれば、夫婦で相談してご主人の名義で、銀行カードローンを利用するのが賢明です。

銀行カードローンなら、専業主婦に本人確認書類のみで、30万〜50万の融資が受けられます。配偶者貸付けは利用できない場合がほとんどなので、専業主婦がカードローンを利用するなら銀行での借入がおすすめです。「専業主婦でも借りられる!おすすめのカードローン・キャッシング」のページでは専業主婦の方におすすめのカードローンを紹介していますので合わせてご覧ください。