おまとめローン・乗り換えローンを利用できない理由

専業主婦は、おまとめローン・乗り換えローンの利用ができません。専業主婦の場合、正規雇用で働いている人と比べると収入が少ないうえ、配偶者の信用情報も審査の判断材料になるため高額融資を受けるのが難しくなります。

おまとめローン・乗り換えローンのメリットが得られないことから、専業主婦へのおまとめ・乗り換えをおこなっていない金融業者がほとんどです。しかし、専業主婦の人でも、利用限度額の引き上げならおこなえます。

こちら主婦

専業主婦の場合は、おまとめローン・乗り換えローンを利用することができないのですが、利用先のカードローン会社の限度枠をアップさせることで借入金をまとめられるかもしれません。

おまとめローン・乗り換えローンとは?

おまとめローン・乗り換えローンとは、複数の金融業社の借入金を1社にまとめることをいいます。

たとえば、A社とB社から50万円ずつ借入をしている場合、それぞれの借入金を1社にまとめると合計の借入残高が100万円になります。カードローン会社は100万円未満の借入の場合、最高金利になることが多いのですが、借入金が100万円を超えると金利が下がることがほとんどです。

おまとめローンの図

つまり、複数の金融業社の借入金を1社にまとめると借入残高が増えて金利が下がり、毎月の利息額が減少することがあるのです。これがおまとめローンの最大のメリットです。

複数の金融業社からの借入金がある場合は、金利が下がる可能性があるためおまとめローンを検討してみるとよいのですが、残念ながら専業主婦はおまとめローン・乗り換えローンの利用ができません。

専業主婦がおまとめローン・乗り換えローンを利用できない理由

専業主婦は高額融資を受けるのが難しいため、乗り換えローン・おまとめローンの利用ができないのです。

最近では、専業主婦も職業として認められるようになりましたが、ふつうに働いている人と比べると生活収入が少ないと判断されるうえ、配偶者の信用情報も関係してくるため借入できる金額が限られてしまいます。

また、自身に収入がない専業主婦は、「収入証明書」を発行することができません。100万円を超える高額融資を受ける場合はこの収入証明書が必要になるケースが多いのですが、専業主婦は収入証明書の用意ができないこともおまとめローンが利用できない理由のひとつです。

どうしても専業主婦でおまとめローンを組みたい場合は、配偶者名義でローンを組むしかありません。しかし、旦那さんに内緒でカードローンを利用しているという人も多いのではないでしょうか。そういった事情がある場合は、増額枠の引き上げをおこなうとよいです。

専業主婦でも増額融資ならおこなえる

専業主婦はおまとめローン・乗り換えローンの利用ができませんが、増額融資なら受けることができます。増額融資とは、追加融資ともいわれており、利用限度額をアップさせることをいいます。

たとえば、利用限度額50万円の専業主婦が増額申請をして審査に通過すると、限度枠がぐっと引き上がります。この引き上げられた増枠分で、借入金を1社にまとめられるかもしれません。限度額は審査により決まりますが、返済能力が認められると希望額の増額を受けることもできます。

増額融資で借入金をまとめる方法

おまとめローンは複数の借入金を1社にまとめることをいいますが、増額融資は借入枠の上限を引き上げることをいいます。おまとめローンと、増額融資はまったくの別物になります。しかし、増額融資をうまく活用して借入枠が引き上がれば、借入金をまとめることができるかもしれません。

たとえば、A社(15%)とB社(18%)から30万円ずつ借入をしているとします。B社よりも金利が低いA社の増額申請をして、審査に通過して利用限度額が60万円に引き上げられると借入金を1社にまとめることができます。

増額審査を利用しておまとめをおこなう上で大切なことが、金利が低いカードローン会社で審査を受けるということです。そうしなければ金利が下がらないため、メリットが得られないからです。

増額融資を利用して借入金をまとめる場合は、金利の低い金融業者で限度額の引き上げをおこなって、「毎月の利息負担を減らすこと」を念頭に置くのが重要です。

専業主婦が旦那さんに内緒でおまとめローンをおこないたい場合は、増額融資をうまく活用するといいと思います。増額融資を希望される場合は、「専業主婦の借入限度額は?増額融資は可能?」を参考にしてください。